YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

峰入り古道part2 行者杉〜大日ヶ岳

takaさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:登山一年生の去年は、皆さんのログを参考に様々な事を経験させて頂きました。

    また、多くの方々との出会いで楽しく登山が出来ました。

    2年目の今年は、未踏の祖母山系縦走、屋久島、三嶺ー剣縦走、久住1day17サミッツ、赤石ー笹ケ峰縦走、大峰奥駆道リベンジ、峰入り古道&古処山系のロング縦走やってみたいな〜(^^)
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

英彦山

2015/11/01(日) 20:05

 更新

峰入り古道part2 行者杉〜大日ヶ岳

公開

活動情報

活動時期

2015/10/31(土) 07:27

2015/10/31(土) 14:29

アクセス:606人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,011m / 累積標高下り 2,146m
活動時間7:02
活動距離11.93km
高低差564m

写真

動画

道具リスト

文章

峰入り古道第二弾!
[コース]
行者杉ー行者堂ー陣尾ー貝吊りー筏吊りー糸ヶ峰ー642ピークー林道出合ー愛嬌瀬戸ー大日ヶ岳ー斫石峠ー筑前岩屋駅ー(JR)ー大行司駅ー(西鉄杷木バス)ー小石原ー行者杉

行者杉近くの路肩に車を駐車し、車から降りると気温は5度、ちと寒い。
準備を済ませ、7時半にスタート。
先ずは、行者杉辺りを散策。
英彦山の鬼杉程では無いが、立派な杉(行者の母、行者の父、国見太郎、かいじゅうくん)が林立し、またウルトラマン的なネーミングに笑みがこぼれますw
辺りを散策するも、登山口らしき標識は見当たらず行者堂に向かいます。
何でも行者の開祖、役の小角の木像があるらしい( ゚д゚)
行者堂は固く〜閉ざされてて木造は見れなかった……残念(~_~;)
鳥居をくぐりながら下ると香水池、膝石なるものが有り、膝石は足を乗せるだけで膝の病が治るらしい〜、乗せてみる……う〜ん……膝何処も悪くないんだったw
チョット先の所に、これでもかと赤テープが巻かれている…登山口だとすぐわかります。
20分程彷徨いていたんで、7:50頃登山スタート。入ってすぐ、赤テープは左へこれでもかと巻いてある。YAMAPの地図は真っ直ぐだけどと思いながら、左へ進み程なく歩くと、イキナリの急登、登りきると今度は一気に下る…下るとまた急登…(~_~;)
陣尾まで、この繰り返しハァハァハァ……かなりハード。
正直、陣尾までのルート舐めてました(~_~;)

本日の核心部分の貝吊り、筏吊り、糸ヶ峰までは、陣尾までと変わらずアップダウンの連続、貝吊りから岩尾根が続きます。
ロープ場有り、岩尾根をトラバースする幅50㎝ぐらいの道や、細い岩尾根を歩く道、岩場とバラエティに富んでて楽しいんだけど、トラバース道は、脆い箇所も有り注意が必要です。ロープ場も登山道が石混じりの土の所も多々有り、滑落、落石の注意も必要です。
最大の難所、筏吊りに来ると、尖った岩がいくつも並んでて、尖った岩の3つ目にロープが巻かれてて、その先にロープが張って有ります。ここヤバイな〜と思ってたら左側に巻き道が有り、巻き道を行ってたら足場が脆い(~_~;)
掴むとこも殆ど無く、どうしようかと思ってると3つ目の尖った岩に伸びてるロープを発見。ロープをつたい、3つ目の尖った岩によじ登る……こえ〜(~_~;)
岩の上にロープが張ってあるので、ロープを掴み、細い岩場の上を歩きます。

ここから暫く急登を登ると642ピーク、今度は一気に急斜面(ロープ有り)を下ると林道出合に出ました。尾根沿いは風が冷たくて寒かったので、林道で暫し休憩。

妻も相当ハードだったみたいで、これピストン無理っと登山始めて初めての泣き言。
いつも、私が泣き言ってるが……w
予定を変更して、大日ヶ岳から斫石峠分岐、斫石トンネルの登山口まで下り、県道を筑前岩屋駅まで歩いて、JRとバスを乗り継ぎ、小石原まで戻る事にした。

林道出合から、大日ヶ岳への道はイキナリロープ場の急登から始まり、相いも変わらず上下アップダウンの繰り返しだけど、ロープ場の登り急登がシンドい!
鞍部をトラバースする所のみ緩やかで、唯一ひと息入れられる。最後の急登を登りきると、ようやく大日ヶ岳山頂到着。
眺望は殆ど無く、木々の間から尖った釈迦ヶ岳、英彦山の南岳と中岳が見えます。
ここで昼食、気温は13℃ぐらいだが風が強く、思った以上に寒い。

山頂から斫石峠分岐まで、ロープ場の急斜面や、足場の脆い急斜面を一気に下る道の連続で、順周りも逆周りもこの大日ヶ岳は低山なれど今まで登った低山の中では、間違いなく一番キツイ、さすが行者道一筋縄ではいかんです(~_~;)

斫石トンネルの登山口へ下山し、県道を1時間ほど歩くと筑前岩屋駅へ到着、大行司駅までJRで一駅移動し、そこからバスで小石原まで、駐車した行者杉まで30分弱歩くと車が見えてきて、無事登山終了。

本日歩いた峰入り古道の1/3、一番楽じゃないかと勝手に思って……いゃ〜舐めてました。

危険箇所も多々有り、道のいたる所に自己責任で!って書いてありますので、注意が必要です。赤テープ、踏み跡ともしっかり有りますので、道迷いは先ずないでしょう。雨後、悪天候時の歩行は困難極めることこの上無しで、また非常に危険ですのでオススメ出来ません。

さぁ残す所あと1/3、今年中に行っちゃいましょう〜。




コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン