YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

福智山(ふくちやま)~鱒淵ダムから

コックンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年12月8日超低山歩きをはじめる
    一山一神(いちざんいっしん) 主義のつもり
    趣味=妄想、歯磨き、深呼吸のつもり
    特技=すぐ飽きること、
    活動は少ないのに活動日記は多いつもり






  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1955
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

岩石山(岩石城)

2015/11/02(月) 15:24

 更新

福智山(ふくちやま)~鱒淵ダムから

公開

活動情報

活動時期

2015/11/02(月) 09:20

2015/11/02(月) 15:23

アクセス:510人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,832m / 累積標高下り 2,862m
活動時間6:03
活動距離11.41km
高低差783m
カロリー3372kcal

写真

動画

道具リスト

文章

75座100山目の超低山歩きに選んだのは、筑豊の盟主福智山。

超低山になれてしまった体は、やはり900m級の山になれるまで少し時間がかかった。
ただ、車を駐車した鱒淵ダムから登山口までが1キロ以上あったのが準備運動になったのか、あまりきついとは感じなかった。

山によっては、登山口からいきなり急坂のぼりになったりする場合があるではないか!あれに弱いんだ。

福智山は800mくらいまでは、これまで歩いてきた超低山となんら変わりはなかった。

石ころゴロゴロの山道、林道、苔むした石の道、赤土から木の根っこが姿を見せた山道、沢のせせらぎを聞きながらの山道など、これまでのさまざまな山道の復習みたいだった。

ただ、あとわずかで頂上というあたりから、木々の様子が変わった。大木がなく、細い木々ばかりで空がみえるんだ。やがて木々もなくなり、ススキの道になり、熊笹の道を抜けて頂上にたどり着いた。

風が強かったが、岩場に寝転んでチョコレートを食べた。そしてカフェオレをガブガブ飲んだ。
山のテッペンでは、糖尿病もどうでもよくなるような官能的な時間だった。

人気のある山のはずだが、平日だからか誰の姿も見なかった。福智山ひとりじめの時間を過ごした。

帰りは尺岳への山道を下り、山小屋の横を通り抜け、カラス落としの坂をひたすら下り、ホッテ谷という意味不明な場所を通り、夕方の陽射しになった登山口から鱒淵ダム管理所から車にたどりついた。

楽しい福智山だった!

いろんな登山口があるようなので、別のコースでも歩いてみたい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン