YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

秋の筑波山(おたつ石コース〜御幸ヶ原コース)

to-yoshiさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:春から秋の週末で天気の良い日に、主に夫婦で山に登っています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1956
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

筑波山

2015/11/03(火) 20:21

 更新

秋の筑波山(おたつ石コース〜御幸ヶ原コース)

公開

活動情報

活動時期

2015/11/03(火) 08:59

2015/11/03(火) 14:29

アクセス:180人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 734m / 累積標高下り 1,018m
活動時間5:30
活動距離6.13km
高低差648m

写真

動画

道具リスト

文章

筑波山はケーブルカーとロープウェイで各1回登っていたのですが、自力で登ったことがなかったので挑戦しました。
車を筑波山神社側の市営駐車場に止め、バスでつつじヶ丘まで行きました。「けんさん」を参考にさせていただきました。
おたつ石コース9時出発。前日の雨はあがり日が差してきました。結構急です。
弁慶茶屋跡から白雲橋コースと合流すると次々と奇岩が現れました。
弁慶七戻りで始まり、母の胎内くぐり、出船入船、裏面大黒、北斗岩、大仏岩と続きます。
女体山に近づくと登山者の渋滞。登り下りの交差が大変です。
女体山の山頂も大勢の登山者で順番待ちでした。雨上がりの岩は滑るため怖いので慎重に。
日本百名山の石柱で記念写真撮れました。(撮っていただきました。ありがとうございました。)
次に男体山に向かう茶店とケーブルカーの山頂駅がある御幸ヶ原の広場にできました。
男体山は10分ほどで山頂の御本殿に到着です。残念ながら富士山は見えませんでした。
御幸ヶ原でお昼を食べ、下りは御幸ヶ原コースへ。丸太の階段が延々と続くようで、ここを登らなくて良かったと思いながら滑る道を慎重に下りました。14:00頃に筑波山神社に降りることができました。
百名山で一番低い山と侮っていましたが、雨上がりで滑ることもありましたが結構登りごたいのある山でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン