YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

三瓶山周回

おかかさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:天気の良い日に花を訪ねたり、冬場は主に里山をのんびり徘徊しています。
  • 活動エリア:高知, 愛媛
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

三瓶山・大平山

2015/11/05(木) 19:20

 更新

三瓶山周回

公開

活動情報

活動時期

2015/11/03(火) 09:44

2015/11/03(火) 15:53

アクセス:341人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,041m / 累積標高下り 1,046m
活動時間6:09
活動距離8.35km
高低差558m
カロリー1666kcal

写真

動画

道具リスト

文章

3回目の三瓶山。
前回行ったのは10年前の事。

今回は今迄行っていない孫三瓶と太平山にも行きたいので周回コースとする。
ついでに初めての東の原からリフトを使えば大好きな楽ちんコース(-_^)
リフトで登る時は疑いようのない好天気☀️
のはずが!
電波塔が立ち並ぶ女三瓶に着いたころは黒い雲が広がりなんだか視界も気持ちもドンヨリ☁️

でも、今日の天気予報は晴☀️を信じて男三瓶に向かう。

10年前はこれを下ってきたはずだけど、こんなにロープ場があったかな?
記憶が・・・

男三瓶山頂で昼食を摂る頃、雲はますます広がり今にも降りそうな感じになる。
昼食後、子三瓶に向かう。
男三瓶からの急な下り´д` ;
これは初めて来た時の記憶が蘇った。
楽な所より、こんな苦労をした所はよく覚えている。

紅葉も陽が射さないと綺麗さが半減。
黒い雲は無くなり、雨の心配は無さそうで、まだらに時々陽が射す。
子三瓶から下りでやっと雲の切れ目から室の内に陽が射し始める。

風越から更に室の内の池まで下り、引き返して孫三瓶山頂を経て、又も急な道を下り奥の湯峠まで降りれば後は緩やかな尾根道を太平山まで行く。女三瓶との分岐を経てリフト乗り場に帰る。
回復した天気の中、展望を楽しみながらリフトで駐車場まで帰る。

三瓶温泉で疲れた身体を休め、翌4日は出雲大社に行った後、のんびりと帰宅しました。




コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン