YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大田区:京浜運河 (カヌー航行練習)

孤独の東京カヌイストさん

  • 自己紹介:カヌーをやってて思う事。50~60代の男性がメインでやっているので、アラフォー、それもまだ30代の世代とは、漕ぎ方も会話もかみ合わない。それがいま現状です。確かにカヌーは高い。でも買えば一生遊べるもの。漕ぐ技術も川の状況を確認する技術も必要。それでもそこで得られるものはプライスレスなのです。カヌーを組み立て、解体等しているとよく聞かれる事。東京でカヌー漕いでいいの?重さどのくらい?いくらするの? ん、漕いでも問題ないんです。動力:人なのです。重さ:15㎏ 値段:五反田キャバクラ2人で8回分です。行ったことないですけどね。責任負いかねますが、やってみたい方がいれば声かけてください。だれでもウエルカムじゃないですがw
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

東京都23区 中央エリア

2014/08/09(土) 12:07

 更新

大田区:京浜運河 (カヌー航行練習)

公開

活動情報

活動時期

2014/08/08(金) 21:21

2014/08/08(金) 22:12

アクセス:292人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 400m / 累積標高下り 411m
活動時間0:51
活動距離4.15km
高低差39m

写真

動画

道具リスト

文章

2014.08.08 仕事を6時に終え、速攻で帰宅。フジタカヌーという110Lクラスのリュックに収納できるアルミフレームと化学繊維で構成された組み立て式カヌーを相棒の車に乗せ、出発します。家から10分程度で平和島に到着。電車だとモノレール大井競馬場で下車。駅前に運河が広がります。夜9時に到着。20分で組み立てます。まず運河航行は満潮 干潮 風 により航行が大きく変化します。
今の時期は屋形船が10時くらいまで停泊場に戻るため、大きな波がたちます。それもまた醍醐味です。城南島まで行こうと思いましたが、波が多く、船酔い気味になり、引き返します。今回は行きだけです。その後、運河を品川シーサイドまでモノレールと並行します。夜11時を過ぎると何も通りませんので、波もたたない流れもないトロバという状態になります。常にボラやシーバスが飛び跳ね、船にぶつかってきたり、時にはカヌーの中に飛び込みます。東京にも自然を堪能できる箇所があるんです。海浜公園側ではセミの大合唱が聞こえます。遠くの車の音も運河の上で吹かれる風、生暖かく塩臭い状況ですが、贅沢な時間を得ることができます。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン