YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

紅葉するメタセコイヤを求めて背振を歩く

山野九州男さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:福岡県在住、50半ばで脊柱管狭窄症を患い100メーターも歩けなかった日々が
    数年、少し調子が良くなり、子供の頃に父親に連れられ登った久住山にどうしても登りたくて
    その登山が(足先が常時痺れてますが)病みつきなり現在にいたってます。少し負荷掛けたが
    いいのかもと思ってます
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1953
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

脊振山

2015/11/08(日) 15:28

 更新

紅葉するメタセコイヤを求めて背振を歩く

公開

活動情報

活動時期

2015/11/08(日) 10:53

2015/11/08(日) 15:27

アクセス:306人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,281m / 累積標高下り 2,311m
活動時間4:34
活動距離13.25km
高低差971m

写真

動画

道具リスト

文章

今にも降りそうな空模様の中椎原峠へ向かい歩く。
途中に唐人の舞により福岡市内方向をうかがうが
ガスのなかで真っ白。数枚の写真をとり。
先にすすむ紅葉も散り秋も終わりに近づいているのか
一枚の葉っぱも付けない木々が沢山ある。
稜線は風が強く雲の流れが速く晴れたかと思うと
すぐに雲の中で。
椎原峠より椎原ルートを下り林道出会い少し下方に
今日の目標のメタセコイヤの林があった。
メタセコイヤ(和名=曙の杉)一度絶滅したと思われたが
中国四川省に人知れず生き残って樹木の種子から
復活した生きた化石。(趣味で集めた葉の化石と珪化木の写真をUP)
球果はみあたらないので見っけたら写真をUPします。
椎原ルートをのぼり返し鬼が鼻岩まで
あとは急いで背振まで来た道を引き返す
何とかてんきは、もつてくれれた・

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン