YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鹿嵐山(かならせやま)周回トレイル

蛸也さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:衣食住を担いで山に身を投じる事に重きを置き、テン場で過ごすチルタイムに最大の幸せを感じて春夏秋冬出かけております。

    グダグダとくだらない事をつぶやいていますが、いたって真剣なさんぴん世代です。

    余談が多くてすみません( ´_ゝ`)
  • 活動エリア:福岡, 佐賀, 大分
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1975
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

鹿嵐山

2015/11/16(月) 04:19

 更新

鹿嵐山(かならせやま)周回トレイル

公開

活動情報

活動時期

2015/11/15(日) 07:55

2015/11/15(日) 12:59

アクセス:523人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,312m / 累積標高下り 1,325m
活動時間5:04
活動距離6.55km
高低差488m
カロリー1825kcal

写真

動画

道具リスト

文章

30代最後の休日は、絶対に坊がつるで過ごしたい!!と強く主張していた。

しかし100回見ても200回見ても天くらの判定は頑なに土曜C。直前まで希望は捨てないでいたがCのまま微動だにせず結局テン泊はお流れに…。

じゃ、日曜どうするよ??

候補が有り過ぎてなかなか決まらず、前夜21時にやっと大分の鹿嵐山へ行く事に決定。

第一駐車場と第二駐車場があり、周回するなら車道を必ず挟む事になる。相談した結果、車道は朝やっつけようとなり第二駐車場へ車を停め第一駐車場まで2㎞近く下る。
ゴールに車を置く&車道を下りで使う…ときっとこれがベストな判断でしょう。途中の道路脇においしい水があったので、ここで補給すれば良かったな…「せっかくなので汲んでいくか?」と思ったがボトルやプラティパスに満タン入れてきたミネラルウォーターを捨てる程の男らしさは無く、貧乏性をまざまざと露呈した形となる。


第一駐車場付近から入山したけども、ずっと急登。めっちゃキツかった( ;∀;)

雌岳→雄岳(鹿嵐山本峰)への縦走路でまさかの雨が降ってきた。昨日まであれだけ天くらCで、日曜A…なら、絶対に雨は無いと思っていたので意表を突かれる。

「え、雨?絶対に無いと思ってわたし雨具ゲイターしか持ってきてないんだけど(*`Д´)ノ!」

…え?
…ゲイターを雨具に分類しちゃうの?


まぁとりあえず鹿嵐山登頂を済ませるがガス&雨なので5分も滞在せずに下山開始。

第二駐車場方面へ下りていく。
…が、めちゃくちゃ急峻な道。てか崖。落ち葉と雨でズルズル!。
第二駐車場からたくさんの人が登ってこられてすれ違ったけども、あの崖を皆さん登るのか?と考えたら感心する。
今までのどの急登よりもキツく長い傾斜だった。
完全にナメてきてたので朝から意表を突かれっぱなし。二人ともポールすら置いてきて、めっちゃ体力消耗する。

更にナメた事に、俺は替えのズボンを持って来なかった(笑)。雨でぬかるんだトコで尻もちでもつこうものなら帰りの寄り道が全て憂鬱になる。

「コケたら帰りにどっかでスウェットかジャージ買うわ。それなら一緒に歩いてくれる?」

「え?やだ。」

絶対にコケられない。超真剣に下山する。

崖下りが一段落して晴れ間が見えてきた頃に万里の長城と呼ばれる場所に出る。かなりの絶景ポイントで昼食をとろう。
珈琲まで飲みのんびり休んで下山を開始する。

途中地蔵峠に立ち寄るも想像とはかなり違う感じだった。

そしてまた下山開始。最後まで気を抜かず無事コケずにゴールできました🎵。
ちゃんと周回ログも完成したし♭


帰りに道の駅、妙見温泉、宇佐神宮、中津唐揚げを堪能し、ちょいちょい寄り道しながら福岡へ戻る。
こうして30代最後の休日が終わっていったのでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン