YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

負けてたまるか!激下り、激登り!雨の曽爾高原☆後古光山〜古光山〜後古光山〜亀山〜倶留尊山

koe-sunさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:急がずゆっくり登ります。昼食は大休憩が基本^^ケガなく下山こそが唯一の目標!
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1967
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

倶留尊山・曽爾高原・住塚山

2015/11/26(木) 01:11

 更新

負けてたまるか!激下り、激登り!雨の曽爾高原☆後古光山〜古光山〜後古光山〜亀山〜倶留尊山

公開

活動情報

活動時期

2015/11/17(火) 06:44

2015/11/17(火) 15:41

アクセス:441人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,278m / 累積標高下り 1,272m
活動時間8:57
活動距離10.17km
高低差349m

写真

動画

道具リスト

文章

去年の曽爾高原は小雨混じりの曇天の中、歩き出してすぐに道間違い(>_<)
さらにぬかるみに足を取られて盛大に転倒!ポールを真っ二つに折ったうえ、右腕をズルズルに擦りむく(T_T)
そのうえゲリラ豪雨に見舞われ、全身ずぶ濡れ!
4山(古光山・後古光山・亀山・倶留尊山)踏破を断念し、結局3山(後古光山・亀山・倶留尊山)止まり。。。
今回はそのリベンジ!悲願の4山踏破を目指して、いざ出陣です!しかも久しぶりの同行者あり(^^)
6:30に曽爾高原駐車場に到着。7時前に出発。
まずは車道を歩いて長尾峠に。そこから後古光山への登山道に入ります。
長い階段を登り切って尾根道を歩く。朝日に輝く室生の山々がキレイです(≧∇≦)
およそ40分で後古光山に。うん、順調、順調!
ここから古光山へは連続ロープ場の激下り!
鞍部まで無数に張り巡らされたロープを頼りに、崖のような急斜面をおよそ130mあまり急降下です。
鞍部を越えたら登り返しがまた連続ロープ場の激登り!ロープにしがみつきながら、今度はおよそ190mを一気によじ登ります。こりゃたまらん(>_<)
同行者がビギナーなのもあって古光山まで1時間を要する。
さらに古光山北峰から南峰へ向かう際、痛恨のルートミス(>_<)あー、またやっちまった…これで15分のロス。。。
南峰へは岩場を乗り越え乗り越え、およそ20分。
展望は北峰より南峰の方が良いです。
ここから折り返して曽爾高原まで戻ります。
激下り、激登りアゲイン(>_<)
晴れていた空は徐々に曇りだし、後古光山下山時にはとうとう雨が降り出しました。
雨露しのげる場所が無かったので、一旦車に戻って昼食にします。その間にも雨足は強まるばかり。でもせっかくだからと山行を強行。
まずは一気に亀山まで駆け上がり、3座目を消化。
山々の狭間に霧が湧き上がり、なんとも神秘的な風景が広がる。霧の海の上に島のように山々が連なり、まるで水墨画を見てるよう。風に押し上げられたガスがゆっくりと稜線を越え、歩く人たちを飲み込み、谷間に流れ落ちて行く…あー、素晴らしい!断念しなくてよかった(^^)
二本ボソ辺りからは本格的に土砂降り(>_<)
悪い足下に注意しながら、倶留尊山まではおよそ30分。無事に4山踏破達成です*\(^o^)/*
雨が強いので山頂にワンタッチしてすぐに下山。
二本ボソまで20分、さらに亀山峠まで20分。
そぼ降る雨の中、観光客の姿もチラホラ…
亀山峠から25分、無事に下山完了です☆
倶留尊山には縁がないのかなー?2年連続土砂降り(>_<)
同行者にもしんどい目させたなーと思っていると、同行者曰く「メッチャ楽しかったです!」とのこと。
よかったー!楽しんでくれてたんだ!
午前中はへっぴり腰で私に置いてけぼりくらって悔しがってた彼も、午後にはしっかり歩けるようになりました。吸収力と順応性がスゴイ!さすが若いって素晴らしい!何せ同行者は年齢が私の半分ですから(^_^;)
またコンディションのいい時に一緒に登ろうぜ!
それにしても曽爾高原。無事に4山踏破は達成しましたが、いつも雨。。。
またチャレンジしろ!ってことでしょうか?
今度は新緑の曽爾高原とかもいいかもですね(^^)
いやー、今日はいろんな意味でいい経験した♪
だから山登りはやめられない(^-^)/

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン