YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

怖かったです・・・。必ずリベンジするからな!

Mさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:大阪府浪速区へ転勤しました!
    これから、新たな登山スポットに挑戦していこうと思います。
    移動手段は、電車、バスがメインです。

    アウトドアに目覚めたのが2012年の年末あたりからです。
    ソロキャンプをやっているうちに、いろいろ道具が揃ってきたので試しに初心者向けの登山をして以来面白くなってきましたw
    今までは山口県、福岡県。冬はボードで広島へ行くこともありました。

    あっ!独身!平日休み!登山活動は基本的に一人です・・・(泣)
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

比良山系・武奈ヶ岳・釈迦岳

2015/11/19(木) 23:42

 更新

怖かったです・・・。必ずリベンジするからな!

公開

活動情報

活動時期

2015/11/19(木) 10:20

2015/11/19(木) 17:44

アクセス:487人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,704m / 累積標高下り 1,915m
活動時間7:24
活動距離15.69km
高低差1,125m

写真

動画

道具リスト

文章

関西へ異動してきて、2度目の登山です。

滋賀県で比良山系が登山の人気スポットのようなので、前もって調べておいたこのエリアの最高峰の”武奈ヶ岳”へ行ってきました!

今回の目的!

①10キロ以上のコースで秋景色を楽しみたい!
②滋賀と言えば琵琶湖!山から見る琵琶湖は最高だろう!
③山頂から見える360度のパノラマは遮るものは何もなく絶景!
④山頂で記念撮影!人気スポットだから山頂は誰かいるでしょう!

とまぁ、こんな感じ・・。


当日。

大阪駅から電車とバスを乗り継ぎ、坊村バス停がスタート地点・・・。

前日、3時間睡眠でいつの間にかバスの中で寝ていて、親切にもバス運転手に起こしてもらう。
多分、登山をする格好をしていたから、ちょうどそこのバス停で起こしてくれたのでしょうw

しかし!あわてて降りたので、いつもかぶっている帽子をバスに忘れる始末・・・。

バス会社へ連絡すると、30分後に反対のルートで戻ってくるそうなので、少し散策しながら気楽に待ち、帽子も戻ってきたので気持ちよくスタート!

山頂までの登りはこれと言って登山ルートの景色はあまり変わらず・・・。
簡単な小雨が降ってくるけど雨具を使うことなく登り続ける。

少しずつ、周りの景色が開けてきそうでしたが、ずっと霧がかかった状態で景色を楽しむことができず・・・。

山頂に着くと、誰もおらず、風がやたら強く、かなり寒い!
本来なら絶景で、縦走しながら幸せのひと時を過ごせただろう・・・。

腹ペコだったので、飯!

コーヒーが最高でした。

下山開始。

下山しながらも山頂付近は風が強かったので、素早く降りつづけた・・・。
が、しかし!
下山ルートを間違え、山頂へふりだしorz

下山中は、いろんな足場を楽しめ、周りの景色が開けていたらさぞ楽しかったであろう・・・。

ちょっとした楽しみであった”八雲ヶ原”着。

しかし、ここでもまた道に迷う。

広めのエリアで、いろいろと進めそうな道ばかり・・・。

さらに、標札はあるが字がかすれ過ぎて読めず。

正直、どこへ進めば良いかかなり迷った・・・。

そんな中、一つの標札の下に何やらプリントしてある紙を発見。

どうやら遭難の原因のエリアのようで、プリントした紙を見てようやくどっち方面へ行けば良いか把握・・・。

後はひたすら、ひたすら、下山!
何気に下山の距離が長かったが、周りがどんどん暗くなり、下山しきるころには辺りは真っ暗に・・・。
真っ暗になるまでは、登山地図、GPSを見ながらルートを確認していたのでメンタルは保たれていたが、さすがに焦りましたよ・・・w


久々にスリルがありました。
GPSがなかったら危なかった・・・。


今度は晴天の日を狙って行きたいですね!
ビワコ~!


あ!誰とも会いませんでした。
ネタもないので山頂の自分撮りを載せてみました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン