YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ボチボチと南嶺

おかかさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:天気の良い日に花を訪ねたり、冬場は主に里山をのんびり徘徊しています。
  • 活動エリア:高知, 愛媛
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

高知市

2015/12/20(日) 21:04

 更新

ボチボチと南嶺

公開

活動情報

活動時期

2015/11/30(月) 09:11

2015/11/30(月) 15:19

アクセス:115人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 929m / 累積標高下り 1,086m
活動時間5:38
活動距離12.12km
高低差356m
カロリー1529kcal

写真

動画

道具リスト

文章

急な冷え込みで里山シーズンの到来です。
高知市民に親しまれている南嶺に行きました。
烏帽子山の更に西の電波塔が何本も立っている柏尾山にまず行ってみます。
山頂付近には月石と標識のある大きな石があり登ると展望が良い。
少し進んで柏尾山城跡に行くがそこは何にもない所だった。
柏尾山を下山後、筆山の駐車場に車で移動し筆山はパスし、皿が嶺、鷲尾山、烏帽子山を往復した。

皿が嶺は墓地から登り始めます。入ってすぐ吉田東洋の墓があるそうなのでその辺をウロウロしてみたが、見つからなかった。
どうも500m程入らないといけないようなので、今日は諦める。

皿が嶺から下って行くと日当たりの良い墓地にツリガネニンジンが沢山咲いている。
ここはまだ秋なんですね〜

実際、先日の寒さはなんだったのかと思うくらい、暖かいと言うより暑いので、鷲尾山では日陰のベンチで昼食を摂る。
鷲尾山から下る途中、鍬を持った男性にお会いしたので聞くと、この登山道の整備をしてくださっているとの事でした。
そういえば今通って来た道も歩き易くなっていたし、これから烏帽子山までの道も急な坂は階段状にしたり、ロープをつけてくれたりと随分と整備がされていました。
毎日コツコツと続けていらっしゃるようで、有難いことです。

帰りも次々とやってくる人に出会います。
まさに高知市民憩いの山なのですね。






コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン