YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

難攻不落の角牟礼城跡を訪ねて

masazyさん

サポーター
  • サポーター サポーター No.240
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:春夏秋冬…自然の織り成す風景、山に秘められた歴史と文化に興味があります。健康な間、いろんな山に登りたいと思っています。約1年半余り使ってきました写真を“白馬岳でのブロッケン現象”から→青空の中の飛行機に変更しました。
  • ユーザーID:95249
    性別:男性
    生まれ年:1949
    活動エリア:福岡
    出身地:
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他

角埋山

2015/12/01(火) 21:00

 更新
大分

難攻不落の角牟礼城跡を訪ねて

活動情報

活動時期

2015/12/01(火) 10:02

2015/12/01(火) 12:35

ブックマークに追加

アクセス

337人

文章

晩秋の貴重な快晴の日、かねて気になっていた角牟礼城跡(一説には1150年代の築城と古く、また鬼島津と恐れられた島津義弘でも落とせなかった難攻不落の古城)を角埋山に訪ねました。 童話の里:玖珠のICから数分で登山口のある三島公園に到着。 上の三の丸跡まで車で行けるが、それでは物足りないので三島公園よりスタート!!
久留島庭園を過ぎ、立派な石垣が現れた。歩道を過ぎ、しばらくすると穴太積みで有名になった三の丸、二の丸跡の石垣に!
何ともない所だが、交通の要所だったらしく、戦国時代に戦さが繰り広げられたそうだ。古びた石垣が往時を偲ばせる! 頂上は平らで城跡らしく広かった。玖珠の町や山並みが心地よい♪ 下山は焼不動へ降りて行く。こちらの方は垂直に切り立った岩壁があり、難攻不落だったことに納得!! 下山はお昼過ぎ、まだ時間もあるので昼食後に、道を挟んだ“大岩扇山(参勤交代時代の石畳が残っている)”を目指しましたが登山口を見つけられなかった…残念!! 駐車場に戻り近くのみしま温泉(入湯料250円でした)でゆっくりと至福の時間を過ごす。初冬に向かう日が短い季節…ノンビリと家路に着きました♪

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間2時間33分
  • 活動距離活動距離3.81km
  • 高低差高低差239m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り616m / 634m
  • スタート10:02
  • 1時間23分
  • 角埋山11:25 - 11:36 (11分)
  • 16分
  • 角埋山11:52 - 11:53 (1分)
  • 42分
  • ゴール12:35
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン