YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

とても寒~い((+_+)) 蓼科山❗

Tadさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:沖縄から出張で東京へ。。(沖縄には山らしい山がないので)出張の間に登りまくります(^o^)

    Youtubeページ:https://www.youtube.com/user/Tad0706
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/06/12(日) 15:22

 更新

とても寒~い((+_+)) 蓼科山❗

公開

活動情報

活動時期

2015/12/05(土) 10:35

2015/12/05(土) 16:32

アクセス:187人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,284m / 累積標高下り 1,324m
活動時間5:57
活動距離6.53km
高低差839m

写真

動画

道具リスト

文章

12/5 北八ヶ岳の蓼科山に登って来ました🎵
この日も楽天のふるさとクーポンが取れたので蓼科グランドホテル滝の湯に5000円で泊まれました☺

で、山登りですが、この日は朝5時半に分倍河原を出発。普通電車で三時間あまり、茅野駅に九時前に到着、駅レンタカーで、軽自動車を借りて(冬季はバスはないので。当然スタッドレスの四駆)、蓼科山登山口そばのすずらん峠駐車場に十時半着。実は雪道の運転経験がなかいので心配でしたが登山口までの道路は全く雪はありませんでした。ただ、蓼科山登山口にはトイレがないので茅野駅周辺のコンビニ等で済ませておくことをお勧めします。
話を戻して、登山口はからしばらくは笹の広がる平地が続きます。そしてひとつ目の登り坂になります。ここはさほどきつくはありません。笹が消えて岩場の急登が現れます。ここから一時間ほどこの急登との戦いです(><)。急登が一段落すると少し左に曲がります。しばらくはなだらかな斜面を軽快に歩きます🎵
が、そんな幸せは長く続きません。。しばらくすると再び急登が始まります。この急登は頂上直下まで続きます(><)。
所々手も使って登りますが鎖場のような岩登りはありません☺
最初は一センチほどだった雪もこの急登に差し掛かるときは五センチほどになり、急登の途中からは樹木も霧氷に覆われ、急登が終わる頃には十センチ以上積雪がありました。ただ、今年は雪が少ないと初めて来た私にすらわかる感じでした。この急登の終わりでは樹林体から岩稜体に変わります。ここからは岩と岩の間が雪で覆われて踏み抜く危険が増します。踏み抜くと骨折、下手すれば滑落のリスクがありますので慎重に歩きますが、それを暴風と寒さが邪魔します。時より風で体が持っていかれそうになります。なんどか、ひゃっとさせられました😣💦⤵。また、寒さで頬や鼻っ柱が感覚なくなります(><)。バラクラバで覆うと、今度は自分の息で眼鏡が曇りそれが凍りつき視界を妨げます(><)。
そしてルートは頂上を巻いて進みます。それと同時に風下側に入り風は弱くなります(^o^)。ただ、岩と岩の間に潜む穴の危険は変わりません。踏み抜かないように慎重に歩を進めます。そして、ようやく建物(ヒュッテ)が現れます。標識に沿って頂上に到着します🎵
が、頂上ではせっかく収まっていた風が吹き付けます。。写真を撮りたいところですが、風邪か強すぎるのと、寒すぎて手袋からてを手を長い時間出せないので、スマフォでちゃちゃっと撮って下山しました(もったいない)。。頂上にいたのは3分ぐらいかな?。ここは頂上が(昔の火山活動を物語る)すり鉢型で広くなっていますが、時間、寒さのため歩き回ることも無しに下山開始しました。
その後は来たルートをピストンで戻りました。途中寒さのためトイレに行きたくなりましたが、なんとか駐車場まで持たせることができました☺
下山後はお宿で温泉につかりビュッフェでたらふく食べて眠りにつきました(^o^)✌
う~ん、満足、満足("⌒∇⌒")

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン