YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

難読山名全国一位の“みおうやま”

masazyさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:春夏秋冬…自然の織り成す風景、山に秘められた歴史と文化に興味があります。以前はコースタイムと競うように登った時期もありましたが…。百名山が登れたらいいなあと遠い夢を見ています。写真は白馬岳でのブロッケン現象。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:1949
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

一尺八寸山

2015/12/08(火) 08:35

 更新

難読山名全国一位の“みおうやま”

公開

活動情報

活動時期

2015/12/07(月) 09:33

2015/12/07(月) 11:54

アクセス:345人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 812m / 累積標高下り 816m
活動時間2:21
活動距離6.84km
高低差350m
カロリー1505kcal

写真

動画

道具リスト

文章

初冬の小春日和の日、面白い山に登りたい…ということで♪ 難読山名一位の一尺八寸山、三位の月出山岳を目指して出発!!!
日田より国道212号線の奥耶馬トンネルを抜けてすぐ右側に案内(登山口まで1.7㎞)があり右折。登山口まで行くと物足りないかなと思い、そこで駐車。のどかな山村の風景を楽しみながら進んで行くと約30分で登山口に着いた。山名の由来は捕らえた三匹のイノシシの尾を足すと一尺八寸あったから…とか(キツネ、ヘビの話もあり!?)
みおうはみお(三尾)を意味するとされる。絶対に読めないよな~!それこそキツネにつままれたような感じ…? さすがにトンチ話で知られる吉四六さんを生んだ大分県だなぁ…と妙に納得♪♪ 県内には三位(月出山岳:かんとうだけ)十二位(万年山:はねやま)もあります。登山口から薄暗い杉林を抜けると、やがてメサ地形を緩やかに進んで行く。若干の分岐はありますが間違えることはないでしょう!やがて頂上ですが眺望はなく…残念!! 杜の鐘を3回鳴らして下山…次の難読山名三位の月出山岳を目指します♪♪ 今日出会ったのは鹿二匹でした。 難読山名三位の月出山岳にご期待を! to be continued!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン