YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

谷川岳:青と白に溺れて

noyaさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:群馬をホームに主に写真目的で登ってます。
    ビギナー真っ盛りです。

    https://www.flickr.com/photos/noya-ausari/
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2015/12/11(金) 17:46

 更新

谷川岳:青と白に溺れて

公開

活動情報

活動時期

2015/12/08(火) 04:56

2015/12/08(火) 14:34

アクセス:299人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,354m / 累積標高下り 1,292m
活動時間9:38
活動距離8.78km
高低差1,246m
カロリー3029kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今回のテーマ…
今年はあちこち雪山に行きたいので練習のためが半分、
そして約一年前、ここにチャレンジして途中敗退したリベンジのために
やってきました谷川岳。

「雪」辱を晴らすため
前回と同じコース、厳剛新道からスタート。
雪は少な目かな?といっても場所によっては
腿くらいまでは埋まる深さ。
天神平、西黒尾根より日陰側になるので雪の量は多い。

それでも順調に進んでいたが尾根に出る少し前のクサリ場で
初の滑落を経験しました。
何気なく掴んだ木が枯れていてボロッと折れ、
そのまま3~4メートルほど落ちました。
落ちたところも斜面でさらに雪が積もっていたこと、
きれいに頭から一回転し足から着地したことが幸いし
右腿を少し打ったものの、全くケガが無くホッとしました。
と同時に単に幸運だっただけで、西黒尾根と違い人通りがほとんどない
ここでの負傷は…と考えるとゾッとしました。

そんなこんなで厳剛新道は終了。
前回と違いアイゼン等もあるのでそのまま進み、
撤退した場所もサクッと超えてオキノ耳まで到達。
頂上は風は若干強めだったが気温も0.4℃と快適でした。

で、帰りは西黒尾根をスタスタと降り終了。
失敗はあったもののリベンジは果たしたし
天候に恵まれすぎたけど練習にもなったし
とりあえず良し、としました。


でもねぇ、今思い出してもホント怖いよ…
やっぱり自分からワザとコケる練習とは違うわ。
プチとはいえ滑落ってのがどんな感じなのか…
いい経験になりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン