YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

九鬼山制覇、これで桃太郎伝説完成!!(九鬼山も良かったが菊花山がすごかった)

つるさんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:家族に「山の徘徊中年」と呼ばれてます。
    陣馬が地元、中央線沿い、富士五湖、丹沢
    そして時々、奥多摩を徘徊中。
    ロングコースが好きなオヤジです(^_^)ゞ
  • 活動エリア:神奈川
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:鹿児島
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

倉岳山・高畑山・九鬼山

2015/12/12(土) 15:13

 更新

九鬼山制覇、これで桃太郎伝説完成!!(九鬼山も良かったが菊花山がすごかった)

公開

活動情報

活動時期

2015/12/12(土) 08:01

2015/12/12(土) 15:12

アクセス:198人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,845m / 累積標高下り 5,860m
活動時間7:11
活動距離13.71km
高低差612m
カロリー3744kcal

写真

動画

道具リスト

文章

*大月周辺に「桃太郎」伝説があります。本日、その一つ「九鬼山」に登ってきました。
 夏に「扇山」、「百蔵山」に登ったので、これで「桃太郎」伝説が完成しました。
・「扇山」 ⇒ 鳥沢駅、犬目地区
・「百蔵山」 ⇒ 猿橋駅、”もも”蔵山
・「九鬼山」 ⇒ そのまんま「鬼」

*禾生駅 ⇒ 登山口
 禾生駅(かせい)初めて降りました。季節ですね「クリスマスツリー」がお出迎えでした。
 ここから登山口まで歩きです、お昼ごはんをコンビニでと思っていたのですが、途中に「おむすび」屋さんが!
 気になり寄ってみました。具(おかか等)を選んで注文すると、その場で握ってくれます。
 その後、「登山口」目指し、歩きます。登山道は「神社経由」と「杉山新道」あります。
 「杉山新道」をチョイス! 分岐点から少し歩くと、突然に舗装道路が山道に!
 怪しさ満点の入口でした。そのまま、山へ突入!!!

*登山口 ⇒ 弥生峠
 登山道が北面の為にちょっと薄暗い、さらに倒木などがあるために怪しさ倍増です。
 しばらく、折り返しのジグザグ登りです。斜面自体は急斜ですがジグザグなので体力的には楽でした。
 登りきると広めの平地が現れます、「弥生峠」です。軽く休憩です。

*弥生峠 ⇒ 天狗岩
 当初、「弥生峠」から、そのまま「九鬼山」山頂予定でしたが時間に余裕がありそうなので
 天狗岩に寄ってみることにして分岐点を目指し歩きます。と、途中に「?ニア見晴台」と書かれた
 朽ちた看板が転がってました。そう、「?ニア見晴台」は以前は「リニア見晴台」だったらしいです。
 でも、振り向いてもリニアは見えませんでした。
 しばらく行くと分岐点です。そこから天狗岩に下ります。200mほど下ると看板があり、そこから
 細い道を行くと天狗岩でした。(満員でした。狭い場所です)

*天狗岩 ⇒ 「九鬼山」山頂
 天狗岩から分岐点までの急登りを「ハーハー」言いながら登り山頂へ
 山頂は南側の展望が開けています。天気がいいので遠くの山々が見渡せ綺麗です。
 ここで、一休憩。 で・・・何故か、赤いポストがありました???

*「九鬼山」山頂 ⇒ 紺場休場
 これがまた、意外に大変でした。岩場ありのガレ道ありのロープ張りありの道でした。
 道が狭く斜面なのですが、ロープがあるので、少し気をつけて歩けば大丈夫です
 進むと、突然に平らな広場があります「紺場休場」です。展望は南側のみですが眺めはOKです。
 ここで昼ゴハンと考えていたのですが時間が早かったので、長めの休憩をとった後、出発しました。

*紺場休場 ⇒ 馬立山
 「馬立山」で昼ゴハンと考えて出発しましたが、登りが急でロング。休憩取りつつ、
 またしても「ハーハー」言いながら登り行くと開けた平地が「やった、馬立山! 昼ゴハン」と叫び、
 禾生駅の「おむすび」屋さんのおむすびとカップラーメンを食しました。
 木々の間から富士山が望め、日当たり良く満足したころによく考えたら
 「ココって馬立山? ちが~~う、田野倉からの登山道 との分岐点だ!!」と気づきました。
 反省しつつ、「馬立山」へ。
 
*馬立山 ⇒ 御前山???
 馬立山~御前山~猿橋駅を目指し歩きます。御前山?で大きな岩場が。登り切ると断崖絶壁!!
  畳2,3分の広さしか有りません。
 しかし、眺め絶景。とても気持ちがいいでした。で、その後「猿橋駅」へと考え、降りて行きますが????
 「どこだ道は? コッチか? アッチか?」と言うほど落ち葉があり困惑!!
 少し、歩き、YAMAP地図を確認したところ「あらぬ」方向に進んでいる事が判明!! 
 マ、マズイ!!と来た道をリタ~ン!!

*御前山??? ⇒ 分岐点
 引返して来たものの、どうするか?? 昼ゴハンの分岐点まで戻って田野倉へ向かうか、
 でも「あの登りはキツイな」と考えつつ歩いていると、中年3人グループと遭遇。聞くと分岐点から
 大月駅に降りるとの事。そういえば途中に「菊花山/大月駅」の表示があったことを思い出し、「大月駅」
 に降りることを即決! 分岐点から「大月駅」へ

*分岐点 ⇒ 菊花山
 しかし、大月駅に向かうことは間違いないが「菊花山って、どんな山?」、「まぁ~、普通の山だろう」と考え進んで
 行きます。途中、クマザサ道あり、「ココって道?」道あり、少々心配。でも後ろから先程の「、中年3人グループ」
 の声がするので 大丈夫と思い、ドンドン進みます。しかし登り急斜でキツイ道でした。
 「あれが菊花山かっ!!」と何度か、残念を繰り返した後にポツネンと岩山が・・・これが「菊花山」でした。
  山頂まで、ほぼロッククライミング!! 岩をつかみ、登りつくすと山頂に。
 これがまた、スッゴ~~~イ!! 大月から都留からグルッと見渡せる絶景。
 そう、前回の杓子山に匹敵する絶景でした。予定外の 絶景に感動しました。
 YAMAP地図に「菊花山」は無かったけど、これは「是非、載せてほしい山」でした。

*菊花山 ⇒ 大月駅
 「菊花山」山頂ですから「大月駅」までは下りです。「もう、キツイ登りはない」とホットして下り始めますが
 ・・・甘かった!!  まず、山頂の尾根が狭い、しかも両側、断崖絶壁!! 「ココでつまずいたら、確実にアウト
 だな」とビビリながら歩きます。
 尾根をクリアした後は、ロープと鎖が登場!! 急降下の岩場出現・・・・しかも、連続で・・・・
 ファミコン(たとえが古いが・・)「”マリオブラザース”でこんな面があったな・・」と考えつつ、
 慎重にロープつかみながら下って行きます。「もう、ダメだ」と思った頃に普通の山道に。
 「普通の山道ならドントこい!!」状態で、しばらくすると大月駅周辺の家々が
 見え始めてホットしました。で下って行くと登山口です。、この登山口には鳥居がありました。
 「あれっ??」と思って見渡すと、私がたまに買い物で大月に来た時に走る車道でした・・・
 「こんな、所にスゴイ登山口が・・」 と思いつつ、大月駅に向かい帰路に。

#.「御前山」からの道を見失い困惑した登山でしたが「菊花山」という素晴らしい山を発見し、
   大満足の山行でした。



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン