YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

【丁須の頭に登りました‼】裏妙義縦走

えどべりさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年4月からトレッキングを始めました。
    スリリングな岩場のある山を登ることが大好きです。
    難しいルートを色々踏破してみたいです。


    【今年の秋冬でやってみたいこと】
    岩場のある山のバリエーションルート攻略‼
    雪山で北アルプス初挑戦!
    フルマラソンデビュー。

    あと最近ボルダリング始めました。
    まだまだ初心者ですが、レベルアップ目指して奮闘中?です。
  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

妙義山・荒船山・物見山

2015/12/19(土) 23:47

 更新

【丁須の頭に登りました‼】裏妙義縦走

公開

活動情報

活動時期

2015/12/19(土) 08:39

2015/12/19(土) 14:05

アクセス:280人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,696m / 累積標高下り 1,644m
活動時間5:26
活動距離10.37km
高低差696m
カロリー2707kcal

写真

動画

道具リスト

文章

10月に表妙義に登った際に、次は裏妙義、取り分け妙義最難関と言われる丁須の頭に登りたいと思いました。
ですが画像で見る限り、余りの迫力にソロで登るには少し心もとなかったんで、フォロワーのよっちさんをお誘いしたところ、快諾していただけたので、二人で行って来ました。

ルートは
御岳~丁須の頭~三方境~国民宿舎
のコースで行きます。

まずは御岳の登りから。
岩場はありませんが、とにかく急登、急登の連続です。
御岳の頂上を過ぎると岩場地帯に出ますが、それほど難易度は高くはありません。
稜線を登り降りしてたら、いつの間にか丁須の頭の足元に着いてました。
ハンマー型の独特な形は、やはり大迫力です。

覚悟を決めて、第一歩を踏み出します。
登り始めがオーバーハング気味となっており、足掛かりが全くありません。
なので、鎖に両腕でぶら下がります。
すると両腕に全体重がかかり、ホントに怖い‼
でも、そこさえクリアしてしまえば、後は三点支持で無理なく登れるので、思ったほど、難しくはありませんでした。

頂上に着くと、360度の絶景です。
けど風が強くて寒い寒い‼
手がかじかみそう。
ですが寒さに震えながら、心地よい達成感が味わえました。

今回はいつものソロではなく、よっちさんと二人で行きましたが、山についての情報交換も色々でき、とても充実した楽しい山行でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン