YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪山テント泊の八経ヶ岳で、大川口からは少し疲れましたって感じですね。

kazu kameさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:家族や山友達やソロ、いろいろなんだけど山は楽しいから良い感じがしてます。
    山口バス停~冷川岳~コグルミ谷出会い~御池岳
    御在所岳 裏道ルート
    宮妻狭~カズラ谷~鎌ヶ岳~鎌尾根~水沢峠
    向井~錫杖岳~本法寺~北畑~柚木峠~向井
    笹子谷~北笠岳~嘉例の頭~経が峰~笹子谷
    醒ヶ井~経塚山~霊仙山~醒ヶ井
    中房温泉~燕岳~中房温泉
    田の原~御岳山
    天狗倉山
    霊山


  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

八経ヶ岳

2015/12/20(日) 16:27

 更新

雪山テント泊の八経ヶ岳で、大川口からは少し疲れましたって感じですね。

公開

活動情報

活動時期

2015/12/19(土) 11:53

2015/12/20(日) 16:00

アクセス:1235人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 688m / 累積標高下り 1,670m
活動時間14:20
活動距離8.82km
高低差1,003m

写真

動画

道具リスト

文章

12/19から12/20に掛けて、八経ヶ岳にアタックって感じですね。
今回の失敗は、靴下のスペアを準備せずに、ダウンを準備せずに1,700mから1,800mでテント泊なら問題ないと思っていました。
そして、足にスパッツを付けずに雪山を歩いた結果、テントを設営している時は、足が濡れていました。
①常念ヶ岳では、唇や鼻先が黒くなったので、今回はテント内でグランドシートを被って、シュラフカバーとシュラフの下にマットレスの2枚敷きで、テントの下にグランドシートで結露対策をしました。
②シュラフの中で、ドーグレンのアルパカのソックスの足を交互に重ねているうちに、湿っているところがなくなりました。体は、暖まるし今回は良かったです。
③ユニクロの重いフリースベストを持って行くくらいなら、ダウンの方が、軽量でコンパクトでgoodですけど、-12℃→-20~25℃だとダウンの上下など検討必要ですね。
八経ヶ岳頂上で、朝-12℃と聞いて結構寒かったことが分かりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン