YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

蛭ヶ岳 (大倉~蛭ヶ岳 ピストン)

moutonさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:こんにちは、mouton(ムートン)です。
    「くり」と呼ばれることもありますm(__)m

    2010年に富士山を初登頂し、毎年富士山を登っていましたが、2014年から色々な山にもお邪魔するようになりました。
    目指せ日本百名山(無雪&積雪)!夢はアイガー!そしてエベレスト

    皆さまの活動記録を参考にさせて頂き、安全第一で山を深く楽しみたいと思います。
    よろしくお願いいたします m(_ _)m
  • 活動エリア:神奈川, 静岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

丹沢山

2014/09/11(木) 21:39

 更新
神奈川, 山梨

蛭ヶ岳 (大倉~蛭ヶ岳 ピストン)

活動情報

活動時期

2014/08/25(月) 05:01

2014/08/25(月) 17:35

アクセス:444人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間12時間34分
  • 活動距離活動距離24.97km
  • 高低差高低差1,349m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り4,163m / 4,152m
  • スタート05:01
  • 1時間8分
  • 駒止茶屋06:09 - 06:19 (10分)
  • 14分
  • 堀山の家06:33 - 06:38 (5分)
  • 34分
  • 花立山荘07:12 - 07:19 (7分)
  • 24分
  • 日ノ出山荘07:43 - 07:45 (2分)
  • -
  • 塔ノ岳07:44 - 07:58 (14分)
  • -
  • 尊仏山荘07:45 - 07:59 (14分)
  • 59分
  • 丹沢山08:58 - 09:03 (5分)
  • -
  • みやま山荘08:58 - 09:21 (23分)
  • -
  • 丹沢山09:20 - 09:21 (1分)
  • 1時間38分
  • 蛭ヶ岳山荘10:59 - 12:00 (1時間1分)
  • -
  • 蛭ヶ岳11:00 - 11:59 (59分)
  • 1時間35分
  • 丹沢山13:34 - 13:52 (18分)
  • -
  • みやま山荘13:35 - 13:52 (17分)
  • 55分
  • 尊仏山荘14:47 - 15:13 (26分)
  • -
  • 塔ノ岳14:48 - 15:14 (26分)
  • -
  • 日ノ出山荘15:13 - 15:14 (1分)
  • 16分
  • 花立山荘15:30 - 15:32 (2分)
  • 27分
  • 堀山の家15:59 - 16:11 (12分)
  • 15分
  • 駒止茶屋16:26 - 16:29 (3分)
  • 1時間6分
  • ゴール17:35
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

◆日程
2014年08月25日(月)

◆天候
曇り時々雨(丹沢山~蛭ヶ岳はガスで視界悪し)
 
◆行程(休憩込み)
大倉 5:00
塔ノ岳 7:45 (CT 2:45 / 標準CT 3:55)
丹沢山 9:00 (CT 1:15 / 標準CT 1:20)
蛭ヶ岳 11:00 (CT 2:00 / 標準CT 1:55)
昼食
蛭ヶ岳 11:58
丹沢山 13:34 (CT 1:36 / 標準CT 1:45)
塔ノ岳 14:48 (CT 1:14 / 標準CT 1:10)
大倉 17:35 (CT 2:47 / 標準CT 2:45)

◆その他情報・感想
富士山は御来光が拝めそうにないので延期し、丹沢(神奈川県)最高峰の蛭ヶ岳へ行ってきました。

蛭ヶ岳までは地図の標準コースタイムで12時間50分の長丁場、それなりの覚悟で挑みましたが
今の私にはこの距離&高低差をこの時間で歩くのは体力的に限界ギリギリ?(@_@)
下山して登山道が終わり駐車場までのアスファルト道がもの凄く長く感じました...(>_<)

丹沢山~蛭ヶ岳の間は、大小のアップダウンと、クサリが掛けてあるザレ場があり、地味に体力を奪われる。
クサリは使わなくても登り下り可能、杭がグラグラしてる箇所があるのでクサリを使う場合は要注意です。

丹沢は蛭ヶ岳の名前の通り山ビルが多いことで有名ですが、
今回のルートでは蛭ヶ岳周辺より丹沢山周辺にうじゃうじゃいらっしゃいました(@_@;)
下山時に大倉尾根を下っていた時、ふくらはぎあたりに違和感を感じ急いでスパッツを捲ると、
スポーツタイツの上と、タイツと靴下の間に山ビルが...\(◎o◎)/
厚いタイツが守ってくれたようで事なきを得ましたが、半ズボンの生足+スパッツだったら
彼らに血液を提供していたことでしょう。こちらも要注意です。

下山した直後はヘロヘロ過ぎて、もう二度と登らんと思っていましたが、一晩経って疲れが取れたら、
やっぱり今回見れなかった丹沢山~蛭ヶ岳間の絶景を拝みたくなってきました。
次回はもう少し涼しい季節の快晴の日に、またお邪魔します。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン