YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

蹴落(けおち)道・・七尾城古道探索

たかさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:YAMAPを始めてから二年になります。
    皆さんの日記を、楽しく拝見し、参考にもさせていただいています。
    なかなか休みが取れず、日帰りで行かれるところがメインの山行です。
    よろしくお願いいたします。2016.11.03
  • 活動エリア:石川, 富山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1962
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

石動山・七尾城山・碁石ヶ峰

2015/12/23(水) 14:54

 更新

蹴落(けおち)道・・七尾城古道探索

公開

活動情報

活動時期

2015/12/22(火) 11:21

2015/12/22(火) 14:11

アクセス:267人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 256m / 累積標高下り 258m
活動時間2:50
活動距離6.51km
高低差164m
カロリー1169kcal

写真

動画

道具リスト

文章

七尾城山に蹴落道という古道があるらしい。
大谷川に合流する、蹴落川の上流沿いを、七尾城の本丸跡直下の谷まで登る道である。
城跡の調査地図を見ると、道の行きつく先には「蹴落谷の隠し砦群」もあったとされている。
この道を探検気分で、登ってみた。

能越道の高架下を右に折れ、道を入っていく。谷間に田んぼなどもあり、最初は農道の雰囲気だ。
次第に道は細くなっていくが、ところどころに郭の跡かと思われる開けたところもある。迷いながらも、すでに道ではない道をさぐりながら、本丸方面を目指して登っていく。藪や倒木に遮られて進みにくい。足元も谷あいなので、ぬかるみがひどい。途中、蹴落谷屋敷跡と思われる石垣が見えた時はうれしかった。本丸下の烏帽子の尾根の取り付きあたりまで進んだが、それより先は、尾根も谷も、藪に遮られ進むことはかなわなかった。

この道がはたして、七尾城の主郭部まで通じていたのかどうかは、解らない。「隠し砦群」の跡も確認できなかった。谷あいのじめじめ、うっそう、暗い、三重苦のような道であったが、歴史を感じることのできる道であった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン