YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

九千部山〜石谷山

はむさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

九千部山・石谷山

2013/09/23(月) 11:39

 更新

九千部山〜石谷山

公開

活動情報

活動時期

2013/09/22(日) 10:54

2013/09/22(日) 15:33

アクセス:401人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,240m / 累積標高下り 2,270m
活動時間4:39
活動距離14.45km
高低差565m

写真

動画

道具リスト

文章

南畑ダム(10:55)〜九千部山頂(12:20)〜石谷山頂(13:05〜休憩〜13:20)〜九千部・南畑ダム分岐(13:55)〜林道工事現場(14:10)〜南畑ダム(15:35)

 登り始めは11時とずいぶん遅め。本当は脊振山に行くつもりだったのだけど、あの辺の楽しい道をぐるぐるしていたら遅くなってしまった。グリーンピアなかがわでトイレを借りてYAMAPを見ればちょうど良さそうな登山コースがあったので、南畑ダムの登山口から九千部山へ桜谷ルートで登ることにした。
 桜谷自然遊歩道はグリーンピアなかがわを抜け、沢沿いを登る穏やかな山道。ひんやりした空気の中を水音を聞きながら心地良く歩く。何度か沢をまたぎながら登っていくこと1時間、木立の間を歩く尾根道に出ます。ここから川と別れてなだらかな上り道を行くと20分ほどで九千部山の頂上に到着。
 九千部山は頂上まで車で来られるからか、頂上付近の山道に鳥類調査のかすみ網が延々仕掛けてあって景観的に残念な感じになっていた。調査は大事なことだと分かっているけれど、気分的にはやっぱりね。
 九千部山頂はとても広く、人も多い。登山口から山頂まで1時間半、もう少し物足りない気分だったし何だか落ち着かないので石谷山まで縦走してみることにした。九千部山と石谷山は高低差が100メートル程度なので縦走路はほぼ平坦で自然遊歩道になっている。45分ほどで石谷山頂に到着。展望はないが木立に囲まれた心地良い休憩場所だ。しばし休憩したら、来た道を戻って九千部・南畑ダム方面への分岐点へ。
 うるしが谷遊歩道は林道新設工事中で通行止めになっており、分岐の入口にはその旨の掲示と立ち入り禁止のトラロープが張ってある。結論から言うと、通行止めというのは通行できないから通行止めなんです。立ち入り禁止というのは立ち入るとろくなことにならないから立ち入りを禁止しているんです。ロープをくぐるのはうすらバカのすることです。
 日曜日だから工事は休みだろうと思い、林道ファンの私は工事現場を見学しに行ってみることにした。分岐点から林道までは人が入らないために荒れていて、木の枝や草が生い茂り川の水が溢れて崩れた場所もそのままだ。どうにかこうにか林道に出たがずいぶん大規模な林道工事で、工事が休みじゃなければ歩くのはあまりにも危険だろう。林道に出てから右手九千部山方面へは未整備で土が剥き出しのままだった。少し歩いてみて方角が違うと気づき、Uターン。
 林道を西の方角へ下っていくと砂利敷きになり、いい感じのカーブで完成が楽しみだなぁなどと考えていたらだんだん様子がおかしくなる。このまま行ってはグリーンピアに戻れそうにない。地図を見ながら登山道との交差する辺りをうろうろ、林道から降りて藪をこいでみたりもするが登山道は見つからない。仕方がない、一旦九千部山まで行こうと決心し林道を戻っていたら、うるしが谷遊歩道の案内板を見つけた。
 ロスタイムはだいたい40分。林道分岐点からうるしが谷遊歩道で南畑ダム登山口まではおよそ40分くらいだと思う。やはり道は荒れていて歩きにくく、蜘蛛の巣も立派な奴に何度もひっかかるし虫は多いし足は挫くし雨は降ってくるし散々な目にあった。グリーンピアの公園に出たときは本当に心底ホッとした。
 もう二度と立ち入り禁止のところに入ったりしないと心に誓った山歩きでした。もうしません。ごめんなさい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン