YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ハンドメイド尻革の紹介

山川遊さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:還暦過ぎたじじいです。遥か昔は「雪よ岩よ」の時期もありました。40年のブランクを経て、5年前に同世代の友人と雪山カムバックしましたが、その友人が山が出来なくなって。自身は2015年末に関節リュウマチになりイテテです。いっそ、ユルユルで行こうと思い、装備の軽量化とユルユルテン泊で山を遊ぼうと思う。「ユルユルテン泊」とは若者が日帰りするルートを1泊して、より長い時間山を楽しもう、という贅沢です。
    夏は西洋毛ばり(フライフィッシング)もね。
    FB:https://www.facebook.com/motoetsu.kobayashi
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1951
  • 出身地:長野
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

小牧市

2015/12/28(月) 12:55

 更新

ハンドメイド尻革の紹介

公開

活動情報

活動時期

2015/12/27(日) 09:00

2015/12/27(日) 10:00

アクセス:1111人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間1:00
活動距離0m
高低差0m
カロリー536kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ゴアなどの素材の普及で、今はあまり使われない尻革をハンドメイドしてます。
市販ではサイズの小さい革でないものが売ってる。 本革は北海道の山道具屋さんくらい。
実はハンドメイド尻皮はこれが3個目です。
今まで、素材の毛皮の入手が出来なくて、困ってました。
思いついてオークションで毛皮のコートを800円とか1500円で落札して、これを使います。 
ヤフオクでウサギなら高くても1500円程度で入手できます。
男性用の場合は45cmX50cmぐらいに作ります(身長170cmくらい)。
女性や小柄なら35cmX40cmくらい。
オーバーズボンをはかない程度の雪山では非常に便利です。 暖かいし、何処でも座れる。 
キャンバスや革を縫うステッチャー以外はたいした道具も不要。
試してください、雪山では手放せなくなります。

追伸ですが、9月19・20日の北八ヶ岳以降は家で沈殿してます。
北八でストックのバスケット間違えて持っていって、一瞬で左側なくして。。
その影響か左の股関節が痛くて。。。 トホホ
左かばうと右にも影響あるようです。
そこで、年末大掃除の狭間でハンドメイドしてました。
要すれば「インドアクライミング」です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン