YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2014年8月30日 雲取山 雨 ソロ 日帰り

mamoruさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:千葉県から行ける範囲まったり 気ままに 登ってます。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:6ヶ月未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雲取山・鷹ノ巣山(鷹巣山)・六ツ石山

2014/09/02(火) 14:23

 更新

2014年8月30日 雲取山 雨 ソロ 日帰り

公開

活動情報

活動時期

2014/08/30(土) 06:44

2014/08/30(土) 15:15

アクセス:179人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,524m / 累積標高下り 3,371m
活動時間8:31
活動距離23.37km
高低差1,635m

写真

動画

道具リスト

文章

行動内容
奥多摩駅(6:00着)~バス(6:05発)~鴨沢駅着、準備(6:40頃)~登山開始(7:00)~七ツ石山~山頂到着(12:00)~下山(15:10)~鴨沢駅バス発(15:17)
~奥多摩駅着(16:00)~奥多摩駅近くで入浴~奥多摩駅発(ホリデー快速おくたま 16:57発)

小雨が続いていたが、ほぼ無風だった。初のレインコート着用登山だった。 結果、雨具着用登山は体力的に厳しくなることがわかった。
雨具のお陰で寒さは感じなかったが、汗の量が尋常ではなかった。 雨降ってる中 バックをおろして給水するのが面倒だったので 
どんどん登って行ったら、脱水っぽくなってしまった(笑)。
通気性がよく、軽い雨具は高価だが、この登山を通じて必要性を実感した。(よし 雨具貯金をはじめよう!)

雲で視界は悪かったが、山頂について休息していると 雲が取れ 日が射してきた。 
「雲取山だ」と思った。

登り途中に寄らせていただいた 七ツ石小屋 で、鍵の入った財布を置き忘れてしまった。
それに気づいたのは山頂。自業自得なのだが、下山時は気分が憂鬱だった。
最悪鍵だけでもあれば と思い 七ツ石小屋に再び寄らせていただいた。 
結果 小屋を管理されている お兄さんが 見つけてくださっていた。
(お兄さん 本当にありがとうございます!)

下山後の温泉は、タイミングよく 自分一人の入浴だった。
でかい風呂を独り占めできるのは 気持ちよかった(笑)。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン