YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

高尾山_この春の秘密基地

後藤文蔵さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

高尾山・陣馬山・景信山

2016/01/03(日) 18:29

 更新

高尾山_この春の秘密基地

公開

活動情報

活動時期

2015/12/30(水) 11:59

2015/12/30(水) 14:43

アクセス:110人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 341m / 累積標高下り 495m
活動時間2:44
活動距離6.35km
高低差410m

写真

動画

道具リスト

文章

文蔵は「ひまなんだから~」と歌いながら、京王八王子の西口駅構内に消えていった。デジカメなしの山行記録を公開する理由は、次のふたつである。
一つ。
高尾山にこんな場所を紹介したかった。
1号路の金毘羅台から北東に進むと落合の「ろくざん亭」に至る。道幅が狭く落ち葉に埋もれて滑りやすいが、それを高尾山古道というらしい。二日前にたどった寂しい山道である。
その金毘羅台の東側にYAMAP地図で「休暇所」とあり、今回、そこを探訪したのである。昔は眺望がよかったのであろうが、いまは樹林の中である。しかし、5本の桜の木々が魅力的だ。壮麗たる春爛漫を演出すると期待せずにはいられない。20人もが宴会できそうな平坦な場所がある。この内緒の場所は春季秘密基地になるだろうし、文蔵はそこからこのGPS記録を開始したのである。

さらに1号路は、その両側の小高いところに踏み後が見られルート探索できるのがいだ。今回はその下見でもある。文蔵はいつかそれらの場所を撮影し、雑踏の声が通るさびしい山道歩きをここで紹介するに違いない。当然、ビアマウントからのパノラマ写真も掲載するだろう。

二つ。
高尾山頂上(休憩所の東屋)から4号路(つり橋コース)と浄心門から1号路をたどって高尾山口清滝の「高橋屋」までの下山に要した時間が49分と新記録だったからである。これまで10年以上も平均55±4分であったので快挙なのである。その記録を保存し、ここに(活動日時×標高)を公開すべきと決めた。

ついでに。
帰路、文蔵は京王片倉駅で下車し、徒歩で10分の「竜泉寺の湯@750円」に立ち寄った。前日にオープンした大規模入浴施設であり、おそらく空いていると思ったが誤算を招いた。混雑にうんざりしたのでなく、最高湯温が41.5℃なのでぬるくて仕方がないのだった。文蔵は、次の入湯戦略を考えあぐねる。

(コースタイム)
高尾山口 1132→ 高橋屋 1137→ 金毘羅台秘密基地 1155~1200→(薬王院)→ 高尾頂上 1310~(昼食:キーマカレー&ツナ)~1353→ 高橋屋 1442→ 高尾山口 1450

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン