YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

正月登山・奥多摩 2日目 雲取山

nemuさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:あまり時間がないので最近は主に低山を縦走してます♪基本、ソロ登山です。

    低山~高山のロングコース、急登、V字、雪山等のガッツリ山行をこよなく愛しています!

    一方でマッタリと歩く里山低山も大好物で、最近はようやく花木への興味も湧いてきました(^-^)

    山に行ってもログとってないことが多いのでまだ少ないんですが、これから増やしていきますので、よろしくお願いします♪
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雲取山・鷹ノ巣山(鷹巣山)・六ツ石山

2016/01/03(日) 23:04

 更新

正月登山・奥多摩 2日目 雲取山

公開

活動情報

活動時期

2016/01/02(土) 07:00

2016/01/02(土) 16:17

アクセス:608人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,461m / 累積標高下り 2,184m
活動時間9:17
活動距離23.47km
高低差1,235m
カロリー3159kcal

写真

動画

道具リスト

文章

正月登山の2日目は三頭山の下山からスタートです。鷹ノ巣山経由で雲取山を目指します。

昨日の登りでも思ったのですが、この大量の落葉は下りは本当に危険です。
登山道が見えませんし、下に何があるかも見えません。何より滑ります。
靴が落葉で見えなくなるくらい埋まる場所も。。
実際に何度も転びながら下山しました。。。
ドラム缶橋を渡り小河内神社前に戻り、鷹ノ巣登山口の一つ浅間尾根を目指します。
峰谷橋の信号を左折、峰谷方面へひたすら車道を歩きます。
30~40分歩くと地図上では登山道の起点になっている峰谷バス停に到着しました。
このあと、林道を間違えて進んでしまい大きくロス。軌跡上クネクネとなっているところですね
その後ようやく浅間尾根へ。

この道は道幅が広くとても歩きやすかったです。
急な箇所もあまりないので安心して登れます。

登ること約2時間、鷹ノ巣山避難小屋へ到着しました。
中を覗くと、とてもきれいな小屋でした。奥多摩は綺麗な避難小屋が本当に多いです。
これなら安心して避難できます 笑

日没に間に合いそうになかったので、鷹ノ巣山頂は経由せず、石尾根を雲取方面へ向かいました。
石尾根は晴れていたので左手にずっと富士山がしっかりと見えていました。
鴨沢からの登りに飽きたら、少し時間はかかりますがこちらから雲取へ向かうルートもいいですね。

何とか16時30分頃には奥多摩小屋に到着し、日没前のテント設営に間に合いました。
夜は寒いだろうと思い、小屋で缶ビールを買って就寝前に飲んで寝ました(もちろん割高ですが。。)
雲取山は積雪や凍結箇所はありませんでしたが、夜中はかなりの強風で寒かったです。
シュラフが冬用でなかったこともあり、とても寒かったので、
上は12枚くらい着て寝ました。(結果的に持っていった衣類のほぼすべてを着て寝ていました 笑)

さすがにスマホのバッテリーが予備も含めてすべて切れたので、3日目のログはとれませんでした。
3日目の朝は6時30分にテン場にテントと大きい荷物を置いて、山頂へアタックしました。
尚、山頂の画像はアラーム代わりに持っていったガラケーで撮ったもので画質が酷いです 笑
テン場へ戻って片付けをして鴨沢から下山しました。

久しぶりに日帰りではない登山を1年の初めに満喫できたので素晴らしい年明けになりました。
皆さん今年も1年よろしくお願いします。山でお会いした時は優しく声をかけてください 笑

【2日目】
0700 三頭山下山開始
0930 ドラム缶橋
1040 峰谷バス停
1155 浅間神社
1330 鷹ノ巣山避難小屋
1510 千本ツツジ
1535 七ッ石山
1625 奥多摩小屋

【3日目】
0630 テント場出発
0715 雲取山頂
0815 テント場戻り
0900 下山開始
1130 鴨沢バス停

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン