YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

甲斐駒ケ岳(黒戸尾根)

やすのりさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:関東甲信越の百名山を中心に登っています。好きな山は、北岳、笠ヶ岳(北アルプス)、谷川岳、武尊山 等です。日々、山のことばかり考えています。
  • 活動エリア:山梨, 長野, 群馬
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

北岳・間ノ岳

2016/01/11(月) 15:07

 更新

甲斐駒ケ岳(黒戸尾根)

公開

活動情報

活動時期

2016/01/09(土) 07:07

2016/01/10(日) 14:20

アクセス:386人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,900m / 累積標高下り 2,894m
活動時間31:13
活動距離18.55km
高低差2,205m
カロリー14356kcal

写真

動画

道具リスト

文章

この三連休に甲斐駒ケ岳を竹宇駒ケ岳神社から黒戸尾根で登ってきました。(自分にとって、2016年の一番最初の山行です)

途中、七合目の山小屋で一泊し、翌朝登頂後、下山しました。
1日目:竹宇駒ケ岳神社登山口〜七丈小屋(泊)
2日目:七丈小屋〜甲斐駒ケ岳〜竹宇駒ケ岳神社登山口

竹宇登山口が比較的アクセスが良く、コース上に通年営業の山小屋が営業していることもあり、この三連休も厳冬期の割には大勢の登山者が入山していました。

今回の山行も幸いな事に二日間とも天候に恵まれ、甲斐駒頂上では遮るものは何もない360度の大展望を満喫することができました。

やはり甲斐駒も例年に比べこの時期にしては雪が少ないようで(眺めた感じでは北岳や鳳凰山も雪が少なそう)、そのお陰で比較的楽に登頂することができました。

ただ一か所、八合目から九合目にかけて、傾斜のきつい高さ30m位の急壁の部分があり、そこが今回の核心部で、上り下りの際には慎重になりました。

甲斐駒は楽に登頂できる北沢峠から登る登山者が多いようですが(厳冬期を除く)、やはり自分的には甲斐駒に登るのなら黒戸尾根からでしょうか。 北沢峠からも登ったことはありますが、黒戸尾根の標高差2,200mを登ったあとの達成感が違いますね。

去年一年は、北アルプスばかりで南アルプスには一度も行けなかったので、今年は南アルプスにもまた行こうと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン