YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

厳冬期 西穂独標 もっさんご夫婦と

うちさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:26年お盆から登りはじめて何でこんなにハマっちゃったかなぁ?と自分でも不思議なくらい狂ったように登り続ける日々です。

    26年の目標は武奈ケ岳でした。27年は奥穂高岳でした。28年はジャンダルムでした。次どこやろ… 月火休みなのでソロが多いですが、時間が合えば何時でも誘って下さいね!
  • 活動エリア:長野, 岐阜, 滋賀
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:滋賀
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2016/01/13(水) 21:39

 更新

厳冬期 西穂独標 もっさんご夫婦と

公開

活動情報

活動時期

2016/01/13(水) 13:48

2016/01/13(水) 13:48

アクセス:867人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 9m / 累積標高下り 2m
活動時間0:00
活動距離13m
高低差7m
カロリー2kcal

写真

動画

道具リスト

文章

朝5時に起床。
アタックザックにプラティパスとダウンと行動食を入れ準備万端、それと久々のピッケル登場!
ヘルメットはjimmyさんに貸してあげたら、まるでコーディネートされたかの色合い^^;
6時からの朝食を食べ御来光を見てから出発。

山荘すぐ近くは吹き溜まりで積雪もありましたが、トレースはしっかりしていて順調な滑り出し。稜線からの朝陽には感動させられました。
体が動いくると、この寒さでも喉が乾くもの。水を飲もうとしたらすでに凍ってました。プラティパスに凍結防止のカバーを付けたが中まで凍ってしまいました。
あっと言う間に丸山到着。ここまではお散歩です。

風でトレースはやや消えているものの、今年は雪が少なく、階段や◯印がちょこちょこ見えていました。
最後まで迷っていたのが、jimmyさんに登ってもらうかどうかでした。
昨日の山荘までの歩きでは、充分な体力はあるけど、岩場の経験がないのでどうするか。
でもせっかくここまで来たのだから登ってもらいたい。1人で待たせるのも凍えるし、ゆっくり帰らせるのも危険。ということで、登る判断をしました。
ピッケルやアイゼンをぶっつけでやってしまって申し訳なかったですが、見様見真似でがんばっていただきました。
なんとか独標に到着。
寒かったのですぐ帰りました。

山荘に到着してみんなで無事帰ってきたことを讃えました。あとは食べることと、この冷え切った体を温泉で溶かすこと。

山荘からの帰り、ヘリの音が気になってました。すれ違った人が教えてくれたんですが、
昨日下山予定の方が下りてないので、探してるとのこと。しばらく歩いてると急にヘリの音が消えました。
ニュースで西穂高岳の西尾根で見つかったが凍死していたと出ていて驚きました。
会ったことのない人ですが、西穂から帰れなかった気持ちは忘れないと思います。いつまでもこれから登られる方を見守って下さい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン