YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

明神山(兵庫100山)

あかりさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:生まれつき華奢で貧血で病気がちでした。41歳で癌の手術の後、手術の影響から骨粗鬆症予防の為、歩く事を薦められ、54歳の秋にしぶしぶ坂道を歩き出したら歩ける!と自信を得、山歩きを始めたのが最初。変な下り方をしたのか膝を痛めてブランクの3ヶ月、半年後、55歳北穂高岳に登り北アルプスに惹かれ、それ以来毎年、1度以上無雪期の日本アルプスに登っています。普段は関西の低山を。上りは遅く1.2倍かけて写真を撮りながら山を楽しんで登っています。方向音痴で地図が欲しく、地図読みの勉強を少しし始めました。普段の低山歩きや、アルプスに登ってくれる山友も募集中です。2014夏は、唐松、五竜岳縦走、秋に立山連峰縦走を富山の山友としてきました。2015の夏は、甲斐駒、仙丈ケ岳に、久し振りに登山ツアーで行きました。脱落者数名でましたが、何とか完歩できました。
     今、私のはガラ携なので地図やルート軌跡が出ません。ヤマップアプリは山友のを使っています。スマホを使うようになりましたら使わせて戴きます。

    ヤマップは、全体に40代とか若い方がほとんどのようで、ちょっと場違いかも知れません。団塊世代は数少ないのかほとんど見かけないのが残念です。希少な?団塊世代のヤマップユーザーの方、是非生まれ年を書いて下さいね~^^

    もうひとつお願いが。
    活動日記の文章欄に、歩かれたコース、ポイントを明記していただけたら次に歩くのにわかりやすいので助かります。軌跡図には地点名などが詳しく書いてないので。その点は、ヤマレコの記録はわかりやすく役立ちます。

    皆さん、どうかよろしくお願いします。


    *****
    最近、[こんなトレランは擁護できなくなった!]という山のレポを見ました。
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-961028.html
    何気なく体力あるんだなと思っていたけど、特に大勢で走って競うトレラン大会は、植生に大きなダメージを与えるのだなと、これを読んで初めて思い知りました。
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-961028.html
    その下のコメントにも いろんな人の憂いと怒りが書いてあります。
    一度読んでみて下さい。

    そう言えば、10年程前、六甲の北、黒甲越をした時、自転車やマウンテンバイクで登山道を走り、タイヤで細くなった道が自転車の重みでV字にへこんで谷みたいになっていました。足の置く幅すらままならない細さで、自転車のレールみたいで、まともに歩けなくなっていた六甲の端を歩いたのを思い出します。「【マウンテンバイク走行禁止】と警告板があるのに、まるでおさまらない!」と聞きました。道の脇の植物がトレラン大会で踏まれたり、なぎ倒されるのはなるほどと思いました。登山道外を走るように指示する大会役員もいたというから驚きです。

    競走のトレラン、トレラン大会は、マウンテンバイクほどではないけど、沢山の人が一斉にタイムを競って走り、道の端や、外を走ったら、足元の小さな植物など目に入らぬまま、知らぬまま破壊してしまうのではと、上の記事を読んで改めて心配します。
    登山道は、自然体系に気遣い、静かに歩きたいものだと思いました。
    美しい自然を後世に残して行く為、山に入る者それぞれが考えてみたいと反省をこめて思いました。

    おねがい、山を愛して!

    2016年6月


    PF写真変更しました。
    62歳夏 雲ノ平2日目、水晶岳からの感動の眺望

    ★2,017年8月8日 自転車の飛び出しによる交通事故で、左の顎、頬骨、足首を骨折。今、リハビリの後、CRPSという難治性の病名をもらって闘病中で、ヤマップもほとんど休んでいます。歩いている時は大丈夫だったのに、翌日から痛いのが続いたりという場合もあって、今、試行錯誤でリハビリをしています。

    2017年 11月
  • ユーザーID:54946
    性別:女性
    生まれ年:1950
    活動エリア:京都, 大阪, 兵庫
    出身地:兵庫
    経験年数:10年以上
    レベル:公開しない
  • その他 その他

明神山(兵庫県)・太郎岳

2016/02/24(水) 18:10

 更新
兵庫

明神山(兵庫100山)

活動情報

活動時期

2016/01/09(土) 10:40

2016/01/09(土) 16:01

ブックマークに追加

アクセス

332人

文章

前日の黒尾山に続いて2日目 明神山  Cコース→下山は Aコース
前夜どうも良く寝られなかったので、頭が重い中、今日はもっと軽い山に変更しようかと山友が言ったが、せっかく遠方まで来たし、宍粟の山ガイドの人に薦めてもらった山なので予定通り行くと答えた。

別名播磨富士のこの山は、標高700mないとは思われないような、急な上り下りで、岩場からはあちこちで見事な眺望の結構登りごたえのある面白い山だった。
特に健脚コースと書かれたCコースの上りはとても気に入ってルンルン気分だった♪

登山口からすぐに急な階段。明るい道で、妙に闘志が湧いてきて「ヨーシッ!ヨーシッ!」と掛け声を自分にかけて一段ずつ登る。覚悟していた寒さも大したことがなく、気持ちの良い空気! あれっ、寝不足のはずが、昨日より調子が良い!

Cコースは下調べした通り、岩場が続くが、稜線に上がってあちこちで眺めが良い岩場。変化に富んでいる上、しっかりした場所を示す綺麗な案内板があり、次のポイントが待ち遠しい^^ 無風で気持ちいいので稜線の広い合掌岩で座っておやつお茶休憩! ヤブツバキの赤い花だけでなく、あちこちに落葉したまま、モチツツジのかわいいピンクの花があちこちで沢山咲いていたのには驚いた。

がまん坂、八丁坂とかいう急傾斜の上りを越えると「明神山 最大の危険箇所 落石しない落石させない」と赤字で書いた大きな看板が立っていた。
この山のロープは頑丈でしっかりと二重三重になっていて新しくかっちりしていたし、難所では、大きな岩でロープが切れないように黒いカバーがかぶせてあった。あちこちで登山道を守ってくれているボランティアの愛情を強く感じる。明神山愛好会の丁寧なお礼の手紙の札がビニールをかぶせてロープにぶら下がっていた。

 山頂は岩場で、登山安全の祠が祀ってあり、360度の眺望でちょっと高山の雰囲気。やがて賑やかな20代から30代前半の山グループが到着。

下山はぐるっと周回の尾根筋Aコース(中級と書いてあった)。今度は傾斜がゆるやかかと思ったら、何のなんの、ずっと急な下りで、落ち葉が溜まって滑りやすく慎重に下りる。このコースは、大きなup downが何度もあり、山を何度も越す感じ!しかもこちらもマンモスの背という大きな一枚岩が稜線に細長~く横たわっている感じ。
どちらもなかなか面白かった。膝サポーターを巻きながら、長くて急なコースをやり過ごした。

2日連続だから2日目は体が慣れたのだろうか。
1日目の黒尾山は、ウォーミングアップもせず登ったせいか樹林の中の尾根なので途中の展望があまり良くなく、同じく準備運動もせずに登ってしまったが2日目の山の方が快調で、しかも高さを感じて好きだった。 
新年、気持ちの良い初筋肉痛の山行だった^^

*同行の友だちに借りた「軌跡」は 前回に続いてスタートがおかしいです><
 
写真は、まだ途中ですのでまた、続きをupします。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間5時間21分
  • 活動距離活動距離5.29km
  • 高低差高低差537m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,387m / 1,421m
  • スタート10:40
  • 2時間17分
  • 明神山12:57 - 13:58 (1時間1分)
  • 2時間3分
  • ゴール16:01

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン