YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

初秋の黒髪山縦走

MaRiKoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2012年秋、山に出会いました!
    YAMAPを通してたくさんの出会いに恵まれ、楽しい山生活を送っています♪
    刻々と移り変わる「旬」な景色を求めて、日々山に出掛けています(^ω^)
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

黒髪山・青螺山

2014/09/11(木) 20:46

 更新

初秋の黒髪山縦走

公開

活動情報

活動時期

2014/09/07(日) 09:34

2014/09/07(日) 16:07

アクセス:364人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,528m / 累積標高下り 1,802m
活動時間6:33
活動距離6.64km
高低差516m
カロリー2409kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今週の山旅!
いつものおじさまおばさまグループと行ってきました佐賀県「黒髪山縦走」。
本日は男性4名女性3名の計7名。私にとっては2回目の黒髪山です♪

当初は黒髪山〜青螺山のピストンの予定でした。
ですが登っている間に二転三転し、黒髪山〜青螺山〜牧ノ山の縦走となりました!

登山口は山頂からすぐ「西光密寺」まで車で上がります。
苔むした石段の道をすぎ、あっという間に黒髪山の絶壁・鎖場に到着です!
登りはすんなり。余りにひどい鎖場でなければ難なく登ります。(登りはね…)
きつい思いをせずに黒髪山の山頂・天童岩に到着!
低山と思えぬ絶景!

それから見返り峠へ。
そう。私の苦手な鎖場の下り!「もういやー」と言いながら、みなさんに笑われながらどうにか乗り切りました!(ホっ♡)
この峠まで結構下ります。石段が多く、時には滑りやすいところも。
岩を削ったんだろうなと思われる、岩を階段状にしたところもありました。すごい労力!
「雌岩」を横目に、峠に到着です。

そこから登りに一変!青螺山を目指します!
最初っからきつい。結構きつい。ざっくり2回の急登があります。
気付けば後続隊が来ない。そこで隊長さんからの提案。
「先発隊は青螺の東峰599mピークまで行って、青螺に戻って後続隊と合流しお昼にしよう」
そのつもりが、入り口から荒れ荒れ状態で断念となり、青螺の山頂で後続隊を待つことに。
みんな揃ってお昼ご飯です♪
のはずが、隊長さんは西光密寺に停めてる車を竜門ダムに回すべく、ここから下山開始!
いつもピストンではなく、縦走ができるのはこの隊長さんのおかげです♡(深く感謝♥)
ということで①青牧峠から龍門に下りる②牧ノ山に行って下りるのどちらかのコースになります。

まずは青牧峠へ。
はい。なかなかの下りです。滑りやすい。
ずっとロープが張ってあるのでそれを補助に下ればいいのでしょうが(´Д` )
手に力が入り過ぎないように気を付けながら下ります。
たまに直角か?!と思える長〜い絶壁。でも下から見上げるとほんの10mくらい笑
やっぱり躊躇してしまう下りの絶壁…。
おばさまから、私にも「弱点があって良かった♪笑」と、そりゃありますがな(≧∇≦)笑

青牧峠に到着です!
ここから3名が竜門ダムに下山開始です。私を含めた残りの3名が牧ノ山まで向かいます。
やはり登りは快調!(きついけど)牧II峰、牧ノ山に到着です!
さてここから下山開始!竜門ダムを目指します。

とあるところから斜面に入ってしまいました。
踏み跡があったようでそれを信じた小隊長さんが進んだところ、途中で踏み跡が消えてしまいちょっとした道迷い。
私は間違ったところに登り返します。すると道発見!
「迷ったときは引き返す」やはり鉄則ですね!!
(縦走路には樹々の名札がかけてあり、それを道標として使いましょう)

気を取り直して再出発。すると後ろから登山者。
「!!??」なんと車を回してくれた隊長さん!!!
竜門ダムから青牧峠間で仲間3名とすれ違い、そのまま峠から牧ノ山近くまで来たのです!!!
驚異の!脅威の!スピード!笑 やっぱりスゴいお方★
安心感を得るも、またもやロープを張られた滑りやすい下り!
脚はガクガク。でも踏ん張りながら下るしかありません!
なのに隊長&小隊長さんはすぐ見えなくなります…(どんな脚をしてんだ…笑)
荒れた道をひたすら下った後に沢にぶつかり、ようやく道路に出ました。(はあぁぁ〜)

今週の山旅!
隊長さんの「今回は楽に行きましょう!」の言葉とは裏腹に、なかなか歩き甲斐のあるコースでした。
おかげで久々に手強い筋肉痛!階段つらっっ!笑
でも笑い溢れる楽しい時間でしたっ♪
次回もどうぞよろしくお願いします♡

*お花講座*
ゴマノハグサ科ママコナ属には「ママコナ」「ツシマママコナ」「ツクシママコナ」「シコクママコナ」「ミヤマママコナ」などがあるそう!
今回出会ったママコナはどれに相当するのか…はて??

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン