YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

龍門山(和歌山県)ハイキング

aozorakobeさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:神戸在住のフリーのグラフィックデザイナーです。終日、デスクワークがほとんどなので、平日夕方はジムで筋トレ、休日はできるだけアウトドアしてます。一人で活動するときはトレラン(主に六甲山周辺)やランニング、月1回は山岳会OB仲間たち(朗人会)と静かな山域でハイキングをしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

龍門山・飯盛山

2016/01/18(月) 21:00

 更新

龍門山(和歌山県)ハイキング

公開

活動情報

活動時期

2016/01/17(日) 09:01

2016/01/17(日) 14:22

アクセス:276人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 783m / 累積標高下り 783m
活動時間5:21
活動距離9.03km
高低差726m

写真

動画

道具リスト

文章

新年明けの朗人会山行は、和歌山にある紀ノ川が望める紀州富士とも呼ばれる龍門山へ。和歌山方面はあまり来たことがないので、知らなかったが、神戸からは比較的アプローチしやすいエリアでもある。冬の時期に訪れたが、やはり新緑と花咲く春ごろがベストシーズンだろう。
今回、往路は中央コースを登り、頂上から田代峠コースを経て下山となる。稜線東方に飯森山があり、縦走もできるプランも検討したが、龍門山だけとなった。
前日夜は道の駅でテント仮眠、紀ノ川近くの集落地にある駐車場に車を止めて、登山路までしばらく農道を歩くことになる。中腹ぐらいに車を止めることができるが、麓からのんびり山麓の展望を見ながら歩くのもいい。
中央コースの途中にある明神岩が圧巻で、クライミングができるビレイポイントが打ってあった。ルート的にピッチは短いが、上部は完全にハングしているので、ちょっと挑戦しがいのある感じだ。
頂上は平な感じで、憩いしやすいスペースがあり、展望がいいので、ファミリー登山やハイキングにはもってこいの山だと思う。
頂上から少し下ったところに磁力岩がある。磁力があるということで、磁石を取り出して試すと、たしかに針が岩に強く動いているようだ。その様子を近づいて撮影したのだが、帰ってからどうもカメラの調子がおかしい。シャッターの動きが少しおかしい感じだ。磁力のせいかどうかわからないが、精密機器等を使用する際は、磁力の強い場所で操作しない方がいいかも。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン