YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雪の蓼科山

はっちゃんさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2011年、富士山、木曽駒ヶ岳、立山連邦などから、登り始めました。
    2012年に、標高ベスト5まで、登り、その時の、北岳から、間の岳縦走に、稜線歩きの魅力にはまり、槍ヶ岳の山頂では、360°の山陵と、東西南北に連なる、縦走の道にひかれました。
    2013年には、穂高のつり尾根
    2014年には、表銀座から、大キレットを歩きました。
    山を始めたのが、51歳で、週に1回登っていましたが、今は、家族の状況などで、月に、1回となり、ガシガシ登ることは、できなくなってしまいましたが、これからも、神々しい山々の景観に、心震わせる感動できたらと思います
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/02/22(月) 09:01

 更新

雪の蓼科山

公開

活動情報

活動時期

2016/01/23(土) 09:03

2016/01/23(土) 14:51

アクセス:562人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,589m / 累積標高下り 1,591m
活動時間5:48
活動距離6.21km
高低差798m
カロリー2234kcal

写真

動画

道具リスト

文章

西から、暴風雪が、やって来るという
それならば、と、東に車を走らせ、蓼科山に行きました。
天気予報では、雪の予報
テンクラでは、登山指数A(午前のみ)

駐車場に、9時前につきました。
駐車場のおトイレは、使えない様子、諏訪サービスエリアで、おトイレ済ませてください。
駐車場から、雪道です
登山道の両脇が、樹林帯ですので、予想より、寒くありません。
すぐに、フリースを脱いでしまいました。
笹の葉が、雪の上から、見えています。
岩も、まだ、頭が、出てます。
今日の雪で、きっと、隠れるでしょうけど…
スノーモンスターも成長して、綺麗な雪の森を歩きます。
眼下の街並みも、かろうじて、見えていました。
途中までは、ノーアイゼンで、登りましたが、途中で、アイゼン装着しました。

樹林帯を抜けると、凄い風です。
以前、登った時も、雨の日の登山の練習で、登山初心者の時に、来たときも、風が強くて、山頂では、皆、四つん這いで、進み、写真を撮るときだけ、気張って、立ちました。
今日も、凄い風です。雪が、顔に当り、痛いです。
ザックに着けた、そりが、バタバタして、風にあおられます。
10年ぶりの大寒波という噂の低気圧に、畏れを感じます。
何とか、小屋まで行き、写真を撮るために、指を出したら、チーン、凍てつく風で、かじかんでしまいました❗
これで、私の、戦意は、喪失され、今日の山頂は、小屋横の看板🎵
粉雪も降り、レミオロメンの「粉雪」を歌いながら、下山しました。

今日の失敗
樹林帯を抜ける前に、暴風対策を取らなかったこと
フェイスマスクは、ほっぺを出したまま
フードも、しっかり被ったのは、暴風エリアに出てからでしたので、苦労しました
ゴーグルは、ザックに入れたまま
グローブも、ザックに入れたまま
そりをぶら下げて、バンドで、押さえただけなので、すぐに、風にあおられてしまいました。。
以上のことを、反省して、次回に繋ぎます。

帰路 雪の中央高速は、当然、チェーン規制がありタイヤチェックがありました🚕
行きの景色と帰りの景色は、恵那山トンネルの先では、全く、違うものでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン