YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

寒中天幕!雲取山

よっちさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:はじめまして。神奈川で化学系の製造業の研究開発支援の仕事をしている、よっちといいます!

    2015年2月から登山を開始しました(・∀・)v丁度、一年半ぐらいになったので、プロフの更新を…笑

    いままでのお山ベスト(2016年暫定)
    1.剱岳北方稜線
    2.鳥海山
    3.水晶岳〜赤牛岳
    3.ジャンダルム

    いままでのお山ルートワースト(2016年暫定)
    ※お山はどこも素晴らしいので、ひどい目に会ったルートにしておきます笑
    1.鋸岳・角兵衛沢
    2.池ノ平ガリー
    3.読売新道


    2016、2017年 これから行きたい冬山とエリア 何処へゆこうかー
    ●西穂高岳(冬)
    ●赤岳・権現岳縦走(冬)
    ●仙丈ヶ岳(冬)
    ●甲斐駒ケ岳・黒戸尾根(冬)
    ●五竜岳(冬)
    ●富士山(冬)
  • 活動エリア:東京, 山梨, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:北海道
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雲取山・鷹ノ巣山(鷹巣山)・六ツ石山

2016/01/24(日) 22:02

 更新

寒中天幕!雲取山

公開

活動情報

活動時期

2016/01/23(土) 10:33

2016/01/24(日) 12:11

アクセス:535人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,465m / 累積標高下り 2,568m
活動時間25:38
活動距離28.19km
高低差1,614m
カロリー11788kcal

写真

動画

道具リスト

文章

雪が降ったので、雲取山に行ってきました(*´ω`*`)

今回の目的は、雪山テント泊のテストをしたく、最強寒波の来訪は願ってもないチャンスと思い、逝ってきました(*´ω`*`)笑。

いやあ、しかしテストを行ってみて、本当に良かったと思いました。

やはり夏のテント泊とは全然難易度が違いますね…(´・ω・`) まず、背負う荷物が重い。そして汗冷えをしないようにするため、汗をかかないペース配分が難しい。設営も、普段簡単できるものがグローブをつけると作業しにくかったり、スコップでの整備が大変(更地にしないと安眠できない)。

また、なんといっても寒い。素手になることが許されないので、常に手袋が必要。ストーブも無い(当たり前ですが)ので、服が乾くことも期待できません。そしてテントに入り込む雪のせいで、中は濡れ、濡れが冷えて霜になり、テント内でもギアを放置すると凍るので、シュラフ君の中に大量に物がある始末(´・ω・`) 笑。寝にくくて大変でした。夜分の強風は凄く、また底冷えも強烈です。

これは、本番前にもう少し練習を積む必要があるかもしれないと感じました。

ただ、テント泊自体は、寒い中で食べる鍋が素晴らしく美味しかったり、寒いことが面白かったりして、楽しいものなので、おすすめでございます(*´ω`*`)!

また雲取山自体は1日目夜分に強風雪、2日目は晴天と運にも恵まれ、素晴らしい光景を楽しむことが出来ました。

コースはヒザ下まで雪があり、時折トレースが消えかけている箇所があるので、ズボズボ行かなくてはいけませんが、スパッツがあれば問題ないと思います。冬の光景は写真では伝えきれないほど魅力的でございます!

ぜひみなさまも冬の雲へ(*´ω`*`)!


冬山テント泊の追加のギア(自己メモと参考までに)
・エキスパート・オブ・ジャパン レッドバット
・mont-bell テントシューズカバー
・ゴアテックス シュラフカバー(アライテント)
・リッジレスト ソーライト スモール
・しまむら ボアソックス
・竹ペグ(自作)
・mont-bell アルパイン ダウンハガー650 #1

課題
・とにかく荷物が重い。4キロぐらい違ったが、疲労度が全然違う。汗をかかないようなペースが必要。
・一度足冷えした後の温め方
  行動中やテント内・睡眠中は問題ないが、幕営・撤収後の出発直前などの冷えがすさまじい。行動することで暖まるが、凍傷が怖い。もう少し暖められないか?
・設営・撤収のスピード
  テントを設営・撤収している時が一番冷える。いかに早く設営撤収をするかがポイントだが、グローブをつけたままでやると何もかもが大変。薄手でかつ冷えないインナーグローブが必須かも。
・テント内への雪対策
  とにかくテント内に雪が入る。テント内部で雪が入っていい場所を作るしか無いか?外で雪をすべて払うのは無理。払うための道具ももう少し欲しい。
・使用済みの靴や靴下・ギアの凍結防止
  凍るのでシュラフ内に入れるのだが、入れると汚れるし、寝る時、寝にくい。工夫が必要。
・熱源等の忘れ物対策
  熱源を起こせる機器(マッチ・ライター)は2つ以上欲しい。今回途中でチャッカマンが壊れかけ、直して使ったので。リスクマネジメントの点から重要。また忘れ物はしたら即撤退。一つとして忘れてはいけないものばかり。雪山で忘れ物は致命的。

収穫
・テントは夏用の保温力で十分。
・テントシューズカバーは素晴らしい。テントシューズ履いたまま外に行ける。いちいち靴を履いたりスパッツをつけなくていいので、トイレの時には最高。
・ゴアテックスシュラフカバーも素晴らしい。3レイヤーがおすすめ。裏地の凍結も最小限で着脱しやすい。
・リッジレストとエアマットの組み合わせも素晴らしい。#1も保温力抜群で、温かく眠れました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン