YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

スピリチュアルな辺戸岳

masazyさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:春夏秋冬…自然の織り成す風景、山に秘められた歴史と文化に興味があります。以前はコースタイムと競うように登った時期もありましたが…。百名山が登れたらいいなあと遠い夢を見ています。写真は白馬岳でのブロッケン現象。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:1949
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

名護市(沖縄北部)

2016/01/28(木) 22:11

 更新

スピリチュアルな辺戸岳

公開

活動情報

活動時期

2016/01/28(木) 09:43

2016/01/28(木) 11:23

アクセス:215人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 239m / 累積標高下り 243m
活動時間1:40
活動距離1.02km
高低差162m
カロリー829kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ソウルフルな沖縄の朝食でお腹一杯に。辺戸岳は山全体が聖地の為か、登山口の標示は見当たらなく、辺戸地区公民館を左に見て200m程先に車2~3台の空地があり、そこが登り口のようで、登って行くと左に登山口だ。登り始めは普通だが、やがて初めての拝所である黄金山に出会う。天から降りたアマミキヨ(阿摩美久)が沖縄の島を創ったとき、最初にこしらえた聖地と云われている。急坂にトラロープがあり迷うことはなさそうだ! 2億年前の石灰岩層が隆起した岩は浸食でナイフエッジのように鋭く尖っている。地元の方とカメラマンの方(お二人とも著名な方らしい)が、貴重な品種のシダを撮影している。黄金洞あたりから聖地のようなスピリチュアルな雰囲気を感じる!! 心を落ち着かせ、敬虔な気持ちで登ろうと心掛け、やがて分岐点を左に曲がりロープ伝いに急坂を登ると拝所のある頂上に出た!! 地元の方たちが神聖にしている場所であり、失礼のないよう注意する。曇り空で風が強いが寒くはない! 眼下に辺戸岬、その先には与論島の島影が見え、南の方には明日予定の西銘岳が見える。360度の眺望を楽しみ、第2のピークであるアフリに向かう。やはりそこにも祠があり聖地のようだ!今回は今までにないスピリチュアルな気持ちを感じ、ゆっくりと下山しました!!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン