YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

難所ヶ滝のはずが立花山・小つぶらへ

えらかしさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:新米中年登山愛好家です。体力のなさには自信がありますが、基本単独行動です。次男坊も中学生になり最近は付き合ってくれなくなりました。
  • ユーザーID:3844
    性別:男性
    生まれ年:1959
    活動エリア:福岡, 大分
    出身地:長崎
    経験年数:公開しない
    レベル:公開しない
  • その他 その他

立花山・三日月山

2016/02/09(火) 06:28

 更新
福岡

難所ヶ滝のはずが立花山・小つぶらへ

活動情報

活動時期

2016/01/31(日) 11:24

2016/01/31(日) 13:46

ブックマークに追加

アクセス

198人

文章

先週末(1/24)あの大寒波で船が欠航して島を出れず、難所ヶ滝に行きたくても
行けなかったので、今日はリベンジと思って、土曜の夜から娘のアパートに泊まり込み、
昭和の森から難所ヶ滝見物…
の予定でした。

しかし、朝起きると次男坊が案の定「うっ、気分ワル!」
いつも早朝はこうなんで無視しようかと思いましたが、娘の狭い部屋で正月の時みたいに
マジでゲロられても困るし、氷瀑も完全になくなってるのわかってたので、
気分が良くなるのを待って、すぐそばの立花山(息子は初めての山)に急遽予定変更!

結局、10時40分頃娘の部屋を出発。途中コンビニでお弁当を買って、下原登山口から
登り始めました。

すぐに以前はなかった案内板が…あぁこれって「はま3.」さんの日記に載ってた
案内板かぁ!とは思ったもののよく確認せずに写真だけ撮って通過。
日記自体はうろ覚えでしかなかったけど、たしか他にも標識を設置して下さってたはず!

しばらくするとやはり「はま3.」さんが設置された「小つぶら」への標識。
息子に「ちょっとしたピークがこの上にあるらしいんで、寄り道して行こうか」って
誘って、小つぶらへ。

…ここで大きな勘違い。
本道から脇道に入って近いのは、本道をもっと上に登った所にある「大つぶら」でした。

なんじゃこりゃ!急坂すぎるやろ!その上、昨日までの雨のせいで、足元ズルズル
ほんと、トラロープ無しでは登れそうも無い所も!ちょっと寄り道のつもりが…
これを下ったら、何回尻餅つくことになるかわかったもんじゃないってことになり、
とにかく上へ上へ、やっと小つぶらに到着。
勿論引き返す気持ちは全くなく、ここではじめて最初にあった案内板(写真撮ってた)
を確認。な〜ん!立花山の山頂すぐそこやん!

立花山の山頂は結構人がいて、お昼時なこともあって皆さんお食事中。
自分たちは三日月山でお昼を頂き、下原に下山しました。
息子の今日下ろし立ての登山靴はドロドロになってしまいました、チャンチャン。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間2時間22分
  • 活動距離活動距離3.51km
  • 高低差高低差339m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り528m / 557m
  • スタート11:24
  • 59分
  • 立花山12:23 - 12:39 (16分)
  • 21分
  • 三日月山13:00 - 13:19 (19分)
  • 23分
  • 温泉13:42 - 13:43 (1分)
  • 3分
  • ゴール13:46
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン