YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

仁淀ブルーここにあり!程野の滝と“にこ淵”

D-A-Nさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:四国内を中心に、たまには本州名峰・高峰にも挑戦したり自由気ままに山登りを楽しんでいます。九州のお山にも登りたいと思っている今日この頃!皆様よろしくお願いします!
  • 活動エリア:高知
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1976
  • 出身地:高知
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

いの町

2016/02/12(金) 20:23

 更新

仁淀ブルーここにあり!程野の滝と“にこ淵”

公開

活動情報

活動時期

2016/02/10(水) 09:52

2016/02/10(水) 13:20

アクセス:464人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,007m / 累積標高下り 1,027m
活動時間3:28
活動距離5.04km
高低差340m
カロリー2085kcal

写真

動画

道具リスト

文章

2月9日(火曜日)の夜、明日天気も良さそうなのでどこか登りたい!と思いながら、どこに登ろうか思案してなかなか寝付けなかった(^^;
登る山に迷った時は気持ちを切り替え、滝でも見に行こうと決めた!そして、久しく行ってない程野の滝に行くことに決定!

当日は、早朝より最高の冬晴!
道の駅「633美」で昼食をゲットし、まずは“グリーンパークほどの”を目標に車を走らす(^^)

国道194号線を走っていると、本川手前の急な坂道で、突如巨大な山の壁としてそびえるのが程野の山々!山頂付近は岩稜となっており、その絶壁に程野の滝がある(^^)

程野の滝とは、大樽の滝・権現滝・西滝・東滝を総称して“程野の滝”と言うらしい!
本日は、西滝登山口より、権現滝・西滝・東滝を見て回るコースを歩く(^^)
大樽の滝までは登山道が荒れ、水量の少ないシーズンは行く人も少ない様子!自分も行ったことが無いので、いずれは訪れてみたい滝の1つ(^^)

程野の山は見ての通り、なかなかの絶壁っぷり!
権現滝へ向かう山道も整備はされているが程よい高度感(^^)
所々凍った権現滝を見た後、西滝へと向かう!

この西滝が、凄い!
落差はゆうに100mを超える!数段の滝として落ちてはいるものの、日本でも有数の落差を誇る名滝だと思う(^^)見晴らしの良い岩場の展望場から見ても、落ちていく水の先が見えない!

しばしその落ち行く滝の水を眺めた後、その滝のもとを通過し、東の滝へと進む!
この東滝へ向かう山道も険しい!
巨大な岩稜と滝に挟まれた登山道は、高所恐怖症ではない自分でも慎重に進みたくなる個所が多々ある(^^;
巨大な岩稜を見ながら歩くと、東滝渓谷にたどり着く!
東滝は、権現滝・西滝とは違い、緩やかな渓谷を流れる柔らかな滝(^^)
滝壺に進むには少し沢登をしなければならない。しかし、滝壺にたどり着くと、それはまさに秘境!仁淀ブルー
輝くその滝と滝壺は登ってきたかいがあったと思わせてくれる美しさ!今日来て良かった(^^)

薄っすら積もった沢の雪を踏みながら、本日折り返し地点の東滝上の駐車場にたどり着く!

そして来た道を戻り、滝と景色を楽しみながら、無事西滝駐車場へ下山する(^^)

グリーンパークほどのに立ち寄り、懐かしいな~なんて思いながら、本日のもう一つの目的地、「にこ淵」へと向かう!
ネットなどで話題となった「にこ淵」は、深い谷に挟まれた渓流の中にある滝壺!
急な坂を下ると、そこには濃厚な仁淀ブルー色をした滝壺が現れた!

初めて「にこ淵」見たが、これは凄い!の一言に尽きる(^^)ゞ
こんな綺麗な滝壺見た事ない!って言うくらい綺麗なその景色!話題になるわけだ!
しばしその景色を独り占め(^^)

滝と岩、仁淀ブルー三昧の山歩きでおなか一杯になった後は、久しぶりに立ち寄り湯(^^)
吾北むささび温泉に浸かり、疲れを癒す!
四国では珍しい含鉄泉で、あかね色のお湯が気持ち良かった~(^^)

夜は、高知YAMAPのオフ会に参加(^w^)
今回も楽しく飲み過ぎて、だいぶ酔っ払いへと変身!
皆さんに会えて、酒が飲めて、歌声も聞けて良かった!カラオケも楽しいな~!
翌日は軽く二日酔いでしたが、楽しい一日だった(^w^)ゞ

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン