YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

県民の森→鍋割→ユーシン→塔ノ岳→堀山の家→県民の森

稲荷碗さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:日本人なら一度は!と、思い立って登った富士山が、恐らく人生初登山!
    体力づくりと禁煙のため、そうだ!もう一度あの富士山に!と目標を定め、
    近場の丹沢近辺から登り始めた初心者です。よろしくお願いします^^
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2014/09/18(木) 15:33

 更新

県民の森→鍋割→ユーシン→塔ノ岳→堀山の家→県民の森

公開

活動情報

活動時期

2014/09/14(日) 09:14

2014/09/14(日) 16:16

アクセス:330人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,830m / 累積標高下り 3,725m
活動時間7:02
活動距離20.62km
高低差1,144m

写真

動画

道具リスト

文章

いつものように無計画な行き当たりばっ旅!
起床後に行くことを決め、準備、シャワー、朝食後に出発!
東名のちょっとした渋滞もあり、かなりのんびりとした時間になってしまったが、
県民の森手前数100m程のところに9/1から11/12まで進入禁止の表示があり、
結構手前からすでに路駐が2~30台ほど停まっていました。
途中、切り替えしも出来ず、進入禁止のロープ前のスペースを他の車と譲り合いながらなんとかUターン!
少し下って、空いているスペースになんとか寄せて駐車しましたが、
その間にも何台かの車が登ってきたりして、3連休の中日ということもあり、混雑してました。
自宅から数時間で来ることが出来、トレーニングも兼ねて、鍋割山の歩荷をしたくなって
ここへ来てしまう。もう少し計画的にしたいと思うが、まあいいか!

9:00頃に車を出て、鍋割山方面へ、まずはなだらかな林道を歩く!
遅い出発となったが、他にも登山者が多く、家族連れもいる。
来るたびに思うが、鍋割山への登山道は、他と比べかなり登りやすい!
このルート降りたことはないが、下りも歩きやすいように思う。
初心者の自分にもよいが、家族連れが多いのも納得!

林道終点まで来て、歩荷用のペットボトルがすごい少なくなっているのにびっくり!
空の発砲箱が多く、残りも30本ほど!
自分もザックにとりあえず、3本を詰め、再出発!
登山道に入り、1時間ほどで頂上に!人が多く、山小屋から鍋焼きうどんを持って出てくる人が目立つ!
小屋内にペットボトルを置きに行くと、うどん待ちの人が並んでおり、
運んだ水も今日中に、うどんの汁になるだろう!

遠くの山並みは見えないが、展望は良い。
行列にならぶのは嫌なので今回もうどんはパスし、アミノバイタルで休憩!
鍋割山稜~塔ノ岳方面は混んでそうなので、以前も行った雨山峠方面へ行くことに!

ここからは鎖場はあるが、整備されているので、丁寧に進み、なんとか雨山峠へ!
どちらかというと、ここから玄倉林道までのルートの方が歩きにくいと思う。
雨山沢沿いに、進んでいくが、途中、ぬかるんでいたり、滑りやすいところがあり、
朽ちているような桟道、渡河地点もある。
しかし、鍋割山からこのルートを通る人は少なく、涼しい川沿いをのんびり歩けるのが良い。

玄倉林道に出てからは、玄倉川沿いに林道を歩き、塔ノ岳を目指す。
熊木沢出会までは、普通のダート道路という感じだが、
そこから先は所々、壁が崩れていて、岩が道路を覆っている。
道路脇には、倒れかけたカーブミラーなどが残っている。
この先の箒杉沢、鍋割沢にも堰があり、以前は工事用の車両が行ったり来たりしていたんだろう!
河川敷?が、かなり広いが、一度大雨が降れば、鍋割山から檜洞丸までの馬蹄型のような
丹沢稜線に囲まれたこのあたりに、水が集まってくるんだろうなどと考えてしまう。
今年もキャンプ場で車ごと流されてしまった事故があったと思う。自分も気を付けよう。

林道の終点、尊仏ノ土平から今度は塔ノ岳への登り!
この辺りまで鍋割山から直接来る道もあるようだが、機会があれば行ってみよう。
体力づくりと思い、一度降りて、また登るルートを選んでいるが、
予想どうり疲れて、鍋割山までの登りのようにはいかず、休み休みゆっくりと登る。
あと300mというところに広いベンチがあり、横になって休んでいると、上から人が降りてくる。
「水場はここかい?」と聞かれ、振り返ると確かに
チョロチョロとプラスチックのパイプから水が流れている。
頂上から往復30分となっている水場で、しばらく休んでいたが、来たのはその方、1人。
少し会話をして、一緒に登る。今日はみやま山荘に1泊し、明日は蛭ヶ岳に登るそうだ。

頂上はさすがに人が多く、50人ぐらいの人がいるが、ここの山頂は広い!自分も一角で休憩。
金冷から大倉尾根に入り、立花山荘でかき氷をいただく。
すこし早足で下ってきたこともあり、寒く感じることはなかったが、山荘の温度計を見ると16℃!
今日は、朝から長袖のTシャツ1枚だったが、暑くなく、寒くなく、いい陽気だなと改めて気づく。
堀山の家から分岐し、二俣に抜け、無事に車に着いた。
ヤマビルは1匹も見ることなく、他の人にも聞いてみたが、見てないとの返事!涼しくなりましたね。

お腹も空いて、眠気もあったので、秦野でのんびり夕食を取っていたら、
東名渋滞でさらに遅くなってしまいました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン