YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雲竜渓谷 氷瀑

小太郎さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:栃木県在住にて北関東の山を毎週のように歩いています。
  • 活動エリア:栃木
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1952
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

日光白根山

2016/02/23(火) 12:57

 更新

雲竜渓谷 氷瀑

公開

活動情報

活動時期

2016/02/13(土) 08:43

2016/02/13(土) 15:12

アクセス:158人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 841m / 累積標高下り 831m
活動時間6:29
活動距離10.78km
高低差529m
カロリー3056kcal

写真

動画

道具リスト

文章

早く行かないと氷瀑が崩れかかっているとの情報なので、早起きついでに行って来ました。
自宅を7時頃出発し、8時前には登山口の林道入口に到着。
雲竜渓谷までのコースは林道と変化にとんだ川沿いコースがありますが、当然、川沿いコースをチョイス。
しかしルートを間違えること2回。
気温が高いためか雪がゆるく、アイゼンを履いていても効きが悪く歩き辛い。

雲竜渓谷入口の広場には人だかりが。
殆どの登山者はカップルだが、年配者の団体が多い。
氷瀑手前では渋滞も。
やっと着いた氷瀑は季節がやや遅いとは言え見応えあり。
時折、大きな氷柱が落ちて危なっかしく、ヘルメットはかぶってはいるが氷柱の裏側には入りませんでした。
一番奥の大きな氷瀑前で昼食をとっていると時折、何処かしらで「ドドドォーン」と大きな音がする。
歩いている際にも小規模な雪崩を二回見たが、もっと大きな雪崩の音が反響しているのだろう。

帰りは林道コースを歩いたが随分と登りが続き、歩く距離は長くなります。
因みに林道コースには小規模だが雪崩れの跡が多くあり、山側を歩いていると巻き込まれるだろう。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン