YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

地元4山を周回(御手洗の滝基点に)

ヒロシさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:佐賀県東部の福岡県との県境に住んでます。基本的にソロで登ってますが、グループ登山の楽しさを知り、いろいろな人と登っています。写真も好きです。
  • 活動エリア:福岡, 佐賀, 大分
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:佐賀
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雷山・井原山

2016/02/14(日) 16:52

 更新

地元4山を周回(御手洗の滝基点に)

公開

活動情報

活動時期

2016/02/14(日) 09:45

2016/02/14(日) 15:22

アクセス:265人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,729m / 累積標高下り 1,721m
活動時間5:37
活動距離15.50km
高低差680m
カロリー3013kcal

写真

動画

道具リスト

文章

曇りだったが、雨は降らなさそうだったので、久しぶりに地元の山へ出かけました。
御手洗の滝を基点に、雲の尾峠→城山→九千部山→石谷山と周回しました。

御手洗の滝キャンプ場を出て、雲の尾峠に登りました。展望はほとんどないので、すぐに戻り城山方面へ向かいます。一度林道に出て、登山道に入り、筑紫神社駐車場に下りました。ここの、駐車場に出る手前の部分が杉の伐採枝等で荒れてました。

ここから、城山山頂に向かいました。晴れてればそこそこの展望がありますが、今日はほとんど見えません。そこから、いったんくだり、大谷集落への道をとりました。そこから、車道をしばらく登り大谷登山口から九千部山へ向かいました。
が、この登山道の水場前後が荒れまくっており、引き返そうとも考えたくらいに倒木が道をふさいでおり、急斜面を巻いて事なきを得ました。結構・・・・というよりかなり荒れており、整備をしないといけない状況です。

九千部山の頂上も当然人っ子一人おらず、展望もまったくなく、ただ霧と風がふきつける中、昼食休憩をとりました。寒くてゆっくり食べてられなかったのですが、お湯が沸くまで我慢しました。ようやくお湯が沸いて、カップラーメンを食べているところに登山者が現れました。春日の人でグリーンピア那珂川からあがってこられてるお二人です。
寒いので、ココアを飲んですぐに行動開始です。

今日の目的は九千部~石谷の縦走路を満喫するためだったので、メインディッシュの始まりです。
何度きても雰囲気のいい庭園みたいな銃走路をゆっくりと歩きました。冬枯れの落葉樹が多い九千部山から常緑樹が多い石谷側への変化もまた美しいものでした。他人とまったくあわないので、この庭園を独り占めです。満喫して、石谷山へ向かいました。石谷山頂も展望ないので早々と下山します。ここから、御手洗までの道も結構好きな道ですが、それなりに荒れている箇所もありました。

最後、御手洗いの滝を見て、駐車場に戻ってきました。出るときと同じで私の車以外なく、九千部山頂で2人とあった以外はまったく登山者と遭遇しませんでした。ある意味・・・貸切でしたが・・・天候もよくなく展望もなく・・・当然のことかなとも納得しました。

久しぶりの地元の山を満喫させてもらいましたが、次は天気がいいときがいいな・・・。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン