YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

五家原岳、雪上トレーニング。

あきひささん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:雲仙の麓で育った長崎っ子。
    藪漕ぎ上等!
    長崎藪漕会在席。
    元会長。現隊長。

    この籔を行けば
    どうなるものか
    危ぶむなかれ
    危ぶめば籔はなし
    踏み出せば
    その一足が
    籔となり
    その一足が
    籔となる
    迷わず行けよ
    行けばわかるさ

    いくぞー!
  • 活動エリア:長崎, 福岡, 大分
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:長崎
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

経ヶ岳(佐賀県・長崎県)・多良岳・五家原岳

2016/02/17(水) 19:13

 更新
佐賀, 長崎

五家原岳、雪上トレーニング。

活動情報

活動時期

2016/02/17(水) 12:02

2016/02/17(水) 15:43

ブックマークに追加

アクセス

392人

タグ

文章

昨日の夜に確認した天気予報では雨予報だったので寝坊したら、晴れてるじゃん・・・
とりあえずご飯食べて、さー何しよう。外に出ると、遠くに見える経ヶ岳がうっすらと白くなっています。時間は10時。ノンビリ登山する時間じゃない。だったらトレラン!雪も大したこと無いだろうから山をひとっ走りしにイコー\(^^)/

バタバタと準備をして、黒木の駐車場を出発したのが12時です。装備は普通にトレラン装備。ランパンにランシュー、ハイドレパックに水1リットル、おにぎり、ギョロッケを入れて出発です。五家原岳から登って、あとは行けるとこまで行ってみましょう。出発です!
しかし快調なペースで走れるのも横峰越まででした。そこからは雪が深い!トレランシューズにショートソックスの組み合わせの足元は、履き口から雪がガンガン入り込んできます。くるぶしがシモヤケになりそうです。場所によっては膝まで踏み抜くほどの雪をはじめは慎重に歩いていたのですが、中岳をすぎたころからはもうヤケクソで雪が深かろうがガンガン走ります。すると慎重に歩くより走ったほうが雪がつく量は少ないってことは発見しました!
金泉寺につくころには靴下はビチョビチョです。ふやけた足はマメが出来そうな痛みを訴えています。バンソウコでマメが出来そうなとこを保護しておきます。
ご飯を食べながら、どうしようか考えます。五家原岳より標高の高い経ヶ岳はここより雪は積もってるだろーなー。靴下もビチョビチョだし、マメも痛いしどうしたもんか・・・
よし!ここから八丁谷へ降りよう!そう決めてさっそく出発です。走り出すと直ぐにカカトの靴ずれが悪化。バンソウコを追加して雪の下りを駆け下ります。八丁谷につくころには雪はなくなっていました。最後のロード約2kmをキロ5分台で走って、無事黒木駐車場に到着。両足カカトに靴ずれができてボロボロになりましたが、思いがけず楽しい雪山を堪能することができました(о´∀`о)

教訓。雪山にローカットのシューズとショートソックスの組み合わせはオススメできません。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間41分
  • 活動距離活動距離12.31km
  • 高低差高低差715m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,145m / 1,150m
  • スタート12:02
  • 1時間36分
  • 五家原岳13:38 - 13:52 (14分)
  • 1時間51分
  • ゴール15:43

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン