YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

されど韓国岳..

Yoshikiさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:神戸から鹿児島へ。
    単身赴任も、とうとう4年目に突入(あと、どのくらい鹿児島に居れるのだろう・・).

    南九州ならではの山登り。。
    「もうこれは『沢登り』しかないな..」
    冬でも楽しめるのが南九州の魅力。

    熊本在住の九州沢登りの第一人者をご紹介頂き、また福岡からは岩登りのスペシャリストも合流。鹿児島からは沢好きが集まり、熊本の五木エリアで「新規の沢開拓」に同行させてもらっています。

    「沢登り」は山登りのすべての要素が必要だとか・・。
    また「何でもあり」で、使えるものは何でも使います。
    木の根っこだろうが、前を登る人の足首だろうが、膝をついても、顎を使っても構いません。ルールはひとつ・・
    「落ちたら負け!」
    これだけです。「嵌る」とこれほど面白いものはありません。
  • 活動エリア:鹿児島, 熊本
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

霧島山・韓国岳・高千穂峰

2016/02/21(日) 21:25

 更新

されど韓国岳..

公開

活動情報

活動時期

2016/02/20(土) 11:48

2016/02/20(土) 15:32

アクセス:179人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,410m / 累積標高下り 2,422m
活動時間3:44
活動距離9.79km
高低差650m
カロリー1802kcal

写真

動画

道具リスト

文章

鹿児島に来て何回目の「韓国岳」なんだろう・・。

(もう、しばらく登ることはないな・・)
と、いつも思いながら、また性懲りもなく登ってしまう。
鹿児島(正確には宮崎かも・・)には他に魅力的な山が無いのかもしれない。

今回は昨年末から継続している、とあるプロジェクトのミッションを遂行するための山行だ。

そのプロジェクトとは、本州最南端であるこの鹿児島にあって、
どうしても「雪山に登りたい!」という仲間へ向けた歩荷トレのプロジェクト。
九州の山はほとんど軽登山靴やアプローチシューズで何とかなる山ばかり。
だから必然とライトな登山靴になる。そこへいきなり厳冬期に装着する重たい登山靴を履くと、
普通に山が登れなくなる・・らしい。
今週末、今冬最後の雪山を目指して「八ヶ岳」に行くそうだ。

それでその最後の歩荷トレとして今日は「韓国岳」を選定。
目指すは「大浪池」向こう正面の避難小屋からの直登。
約400m弱の高度差を一気に登るコース。
筋力強化と登山靴に慣れてもらうためのトレーニング。

天候は「雨」。ピークは大荒れ。雨風が容赦なく叩き付ける。
我々以外は一組だけ登山者がいたが、ここまで誰もいない韓国岳も珍しい・・。

この付近の登山者なら誰でも一度は登る「たかが韓国岳」ではあるが、この直登や荒れたピークは「されど韓国岳」である。
意外と手ごわい・・。

さあ、明日もミッションの続きだ・・。

kayoさん

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン