YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

絶景ハンター雨に泣く 美ヶ原 人気の王ヶ頭ホテル

はっちゃんさん

ロイヤルサポーター
  • ロイヤルサポーター ロイヤルサポーター No.21
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:自由気儘に、友人と西穂高などの、岐阜の山々を、登っていました。
    山に反対していた主人も山を登るようになり

    富士山、木曽駒ヶ岳、立山連邦などから、一緒に登り始めました。

    標高ベスト5( 富士山 北岳 間の岳 奥穂高 槍ヶ岳)まで、登り、その時、北岳から、間の岳までの、夢なのような稜線を縦走し、稜線歩きの魅力にはまり、槍ヶ岳の山頂では、360°の山陵と、東西南北に連なる、縦走の道にひかれました。

    穂高のつり尾根(岳沢 前穂高 涸沢岳 奥穂高 北穂高 )や、
    表銀座から、大キレット(燕 表銀座 南岳 北穂高)も、切れ落ちる稜線歩きに、緊張しながらも、この上ない感動を覚えました。

    以前は、週に1回登っていましたが、今は、家族の状況などで、月に、1回となり、膝の痛みも出て、ガシガシ登ることは、できなくなってしまいましたが、これからも、神々しい山々の景観に、心震わせる感動できたらと思います
  • 活動エリア:三重, 岐阜, 長野
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:愛知
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

美ヶ原

2016/02/21(日) 23:10

 更新
長野

絶景ハンター雨に泣く 美ヶ原 人気の王ヶ頭ホテル

活動情報

活動時期

2016/02/21(日) 07:09

2016/02/21(日) 13:09

ブックマークに追加

アクセス

853人

メンバー

文章

土日、荒天❗
まさかの、大雨…(泣)
しかし、こっこさんおすすめの、日の出やアルプスの絶景を見渡せる王ヶ頭ホテルに、孫、婿&長女 次女に私たち三世代ファミリーで、お泊まりしてきました。

山辺ワイナリーから、
ホテルのバスに乗ります。
すでに雨が、降り始めてます(泣)
道中、一夜にして、沢山の木が、倒れ、道が、寸断したという地点を通過します。
標高1000メートル地帯は、まさに、倒木地帯❗
木々の氷は、重さが、雪の3倍もあるとか~❄
耐えきれず、根こそぎ、倒れて、自然の厳しさを感じます、
ホテルは、あのとき、電気も止り、営業停止となったとか、宿泊客を消防車や、救急車に乗り継がせて下ろしたとか、いろんな、ご苦労があったようです。

ホテル到着後、南極大陸で使用されたものと、同じ雪上車に乗り、美しの塔へ
吹雪いてましたが、鐘をならして、幸せを祈ります。
ちなみに、この雪上車には、ハンドルがなく、左右の、キャタピラのエンジンの停止、発進で曲がるので、スムーズにカーブを曲がれないとのことです。
次の日は、雪面が、凍り、雪上車のイベントは、中止でした。

ホテルに戻り、ウォルカムシャンパンや、お芋をいただいて、ガスガスの展望風呂に入ります。
この日は、夜も大雨、窓に打ち付ける風雨で、ガラスが、揺れます。
従って、おとなしく、ホテルのキッズルームや、星のテラスなどで、くつろぎます。
最近、このホテルの番組が、放送されたそうで、予約の問い合わせが、殺到しているとか~(●^o^●)
確かに、夕御飯のとき、子供たちに、塗り絵やおもちゃを出してくれたり、お土産を用意してくれたり、体調の悪い人には、おにぎりの手配まで、してくれ、心配りに感心しました。
もちろん、お食事も、綺麗で、美味しいご馳走でした。

夜の星空観察会は、土星を望遠鏡で見せてくれるそうですが、雨ですから、お流れ~★
シャンパンをかけた、宿泊者の輪投げ大会が、始まりましたが、私は、あまりの、どんくささに、会場をわかせました(笑)
ロビー前には、毎晩、来るというタヌキが、門番を勤めておりました。

次の朝は、早起きして、日の出を待ちましたが、見えませんでした。
サービスのミルクコーヒー飲み、
スノーシューを履いて、王ヶ鼻まで、お散歩して、鹿の群れを見ました。
雪が少なく、ガリガリですが、それでも、充分楽しめました。
以前山本小屋から、来たときは、雪が、深く、気色が、真っ白な、深い雪の世界でしたが、今年は、標識も、くいも、ロープも、笹でさえ、頭を出しています、雪質も、カリンコリン《*≧∀≦》こんなことは、今まで、なかった、ホテルの方も、驚かれてました。

朝御飯に、朝風呂、やっと、ガスが抜けて、富士山を見つけました。
リッチ~(●^o^●)
帰りのバスまでの間に、ホテルの前で、転ばれた方が、何名も~❄
病院行きが、お二人!
凍った足元は、誠に、危険です
佳歩隊長と、チョコチョコ歩きに徹しました❗
帰りには、松本城により、帰宅しました
今回は、大雨や、吹雪で、家族連れということもあり、あまり、歩き回れませんでしたが、美ヶ原の新しい楽しみ方を知ることができました。
今、話題の王ヶ頭ホテルは、アットホームな、子供連れに優しい、ホテルでした。
また、絶景を見に、リベンジしますよ~(●^o^●)

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間0分
  • 活動距離活動距離27.49km
  • 高低差高低差1,479m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り3,940m / 5,364m
  • スタート07:09
  • 14分
  • 王ヶ鼻07:23 - 07:23 (0分)
  • 20分
  • 高原荘07:43 - 07:53 (10分)
  • -
  • 王ヶ頭07:48 - 08:52 (1時間4分)
  • -
  • 高原荘08:13 - 08:52 (39分)
  • 24分
  • 王ヶ頭09:16 - 10:08 (52分)
  • -
  • 高原荘09:56 - 10:29 (33分)
  • 1時間43分
  • 松本12:12 - 12:12 (0分)
  • 57分
  • ゴール13:09
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン