YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

音羽山直登する

のりふりかけさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:週に1回は朝トレイルで大文字山に出没してます。それ以外は京都、滋賀の山を日帰り中心に登ってます。

    若い頃のようには登れませんが、同じ山でも季節や天気でいろいろな顔を見せてくれるのが、楽しくて今の山歩を楽しんでいます。

    どこかの山で見かけたら、気軽に声かけ合えたら良いですね。

    よろしくお願いいたします。
  • 活動エリア:滋賀, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1960
  • 出身地:京都
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

音羽山(京都・滋賀)

2016/02/27(土) 11:25

 更新

音羽山直登する

公開

活動情報

活動時期

2016/02/27(土) 08:23

2016/02/27(土) 11:24

アクセス:251人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 932m / 累積標高下り 941m
活動時間3:01
活動距離5.08km
高低差482m
カロリー1410kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ずっと気になっていた仙女沢にアタック。
所々にマーキングがありましたが、踏み跡?獣道?コンパス片手に方角をはずさないように山頂を目指しました。

沢を右に左に足場確認しながら登ります。
土と砂利に枯れ草なので、常に足元が不安定。滑ったらヤバイ。
時折、沢の上流で崩落の音が…。
一度、とても大きな音がしたので、近くにあった木の陰に避難。ヒヤヒヤでした。
この沢は、オススメできません。

沢も7割ほど登ったところでようやく沢の終点に。広い斜面を山頂の方向を確認して登ります。斜度が落ちてきたので少しホッとしながら進みました。

山頂に近づくと、更に斜度が緩く。山頂まで直登を目指しました。木々をつかみ、ぐいぐい登っていきます。
送電線が見えてきたら、山頂まであと少し。
突然、見通しが良くなったと思ったら、いきなり山頂に到着。狙いどおり山頂に直登でした。

下りは、南西尾根から下山。このコースは、はじめは穏やかな下りですが、2本目の鉄塔か、急斜面になりますので、注意が必要です。

最後の林道は、滝を見ながら下りました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン