YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

今年の百名山は蓼科山から

tomoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2015年5月から山歩きを始めました。
    子供の頃から毎日のように見てきた南アルプスを登るのがとりあえずの目標です。
    いずれは日本百名山制覇もできたらと夢に描いてます。
    YAMAPと出会い、皆さんの活動記録を参考にさせて頂いたり、楽しい日記を読ませて頂きモチベーションを上げています。

    これまでに登った山
    日本百名山 31/100
    富士山 3776m ②
    塩見岳 3052m
    仙丈ヶ岳 3033m ②
    乗鞍岳 3026m
    甲斐駒ケ岳 2967m
    木曽駒ヶ岳 2956m ②
    八ヶ岳連峰(赤岳)2899m
    空木岳 2864m
    白山 2702m
    金峰山 2599m
    日光白根山 2578m
    蓼科山 2531m
    荒島岳 2523m
    男体山 2486m
    甲武信ヶ岳 2475m
    火打山 2462m
    妙高山 2454m
    焼岳 2444m
    燧ヶ岳 2356m
    四阿山 2354m
    高妻山 2353m
    瑞牆山 2230m
    恵那山 2191m ④
    苗場山 2145m
    会津駒ヶ岳 2133m
    雲取山 2017m
    谷川岳 1977m
    巻機山 1967m
    両神山 1723m
    丹沢山 1567m
    天城山 1406m

    信州百名山
    塩見岳・仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・木曽駒ケ岳・空木岳・甲武信ヶ岳・焼岳・恵那山・大川入山・鬼面山・富士見台・南木曽岳・風越山・経ヶ岳・戸倉山・熊伏山・守屋山・入笠山/・蓼科山・乗鞍岳・小秀山/・四阿山/根子岳・高妻山・金峰山・天狗岳(八ケ岳)・苗場山 
  • 活動エリア:長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:長野
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/02/27(土) 22:43

 更新

今年の百名山は蓼科山から

公開

活動情報

活動時期

2016/02/27(土) 06:44

2016/02/27(土) 11:42

アクセス:793人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 891m / 累積標高下り 923m
活動時間4:58
活動距離6.23km
高低差809m
カロリー2351kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今日は、百名山の蓼科山を登ってきました。

雪の最新情報が無く、全く分からないまま、クランポン12本爪(アイゼン)をもって出かけました。
雪が有れば、クランポン(アイゼン)デビューになります。

天気予報は午前中が晴れ午後から曇り後雨のようです。
早めに登って午前中に下りて来ればいいかと、早めに出かける事にしました。

家を4時に出発
中央道経由 諏訪インター出
ビーナスラインも雪が無く順調に走行でき
6時10分 スズラン峠登山口に到着
駐車場にはすでに10台位の車がいます。
駐車場は道を挟んで2か所あり、トイレがある側に20台位、道の反対側に10台位?停められそうです。
駐車場に綺麗なトイレがありますが、どこも同じで冬季は使用できません。

準備をすませ、6時45分出発です。

登山口は女乃神茶屋側に少し下った所にあります。
登山道には、昨日舞った雪で薄っすら白くなっている、氷の道が続いています。
傾斜も大した事が無いので、クランポンを着けず行きます。
少し行くと急登になりますが、ここは日当たりが良いのか雪は全然ありません。
登り切ると、緩やかになりますが、また氷の道になります。

少し行くと先行の方が、クランポンを着けています。この先からは急な登りに変わっていくようです。
ここで初のクランポンを装着しました。クランポンは昨年購入して直ぐに、装着練習を一度しておいたので問題無く装着できました。
初のクランポン走行も順調で、氷も簡単に爪がくい付き急登でも楽々登る事ができました。

道は樹林帯を抜けるまで、大きな石の間を縫うように氷の急登を登り続けます。

9時40分 蓼科山 山頂 到着
広い山頂には、三角点と方位盤、蓼科神社奥宮があります。
展望は360度パノラマなんですが、今日は霞んでしまい遠望は臨めませんでした。
しかし、高い空の色は物凄く綺麗で、宇宙を直接見ているようでした。

10時10分 下山開始
氷の急登の下りも、12本爪のクランポンは真価を発揮、滑る事無く下りる事ができました。

11時45分 無事駐車場に戻る事ができました。

今回の登山はクランポンの威力をマジマジと実感できました。
何時もの2本ストックで登ったのですが、氷に刺さらない時も有ったので、今度はピッケルも考えないとと感じました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン