YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

はじめての探検 岩と藪まみれ 荒地山周辺

秀とろさん

  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:中1の息子、小3の娘(2017年度)、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。


    ※2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    (実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)をたまに記録しています。
    ※ただし、長い休憩は分子に含めてません。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    17/12/31 updated
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。レベル1分くらいの誤差はあると思います。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・以下の難易度は必ずしも危険度に比例しません。低難易度でもちょっとしたミスが致命的になることがあります。

    Lv.1:六甲山 魚屋道、シュラインロード、アイスロード、高尾山 全ルート(東京)、木曽駒 千畳敷カールから中岳経由

    Lv.2:木曽駒 中岳の巻道、至仏山 東面登山道、六甲山 小川谷

    Lv.3:空木岳 大地獄・小地獄、伯耆大山 ユートピア、岩殿山 稚児落とし方面(山梨)、六甲山 山羊の戸渡、道畔谷東尾根バリルート、南北ドントリッジ

    Lv.4:六甲山 芦屋地獄、AB懸ルート

    Lv.5:宝剣岳 北陵、槍ヶ岳 槍の穂先、空木岳-桧尾岳間

    Lv.6:宝剣岳 南稜

    Lv.7:六甲山 西山谷

    Lv.8:剱岳 別山尾根、石鎚山 三の鎖・試しの鎖

    Lv.9:六甲山 道畔谷中俣、菊水ルンゼ、金峰山 五丈岩

    Lv.10:六甲山 A懸岩、岩ヶ谷、鳳凰三山 オベリスク頂上岩、六甲山 水晶大滝

    Lv.11:六甲山 ハチノス谷、高座川遡行、ブラックフェイス、プロペラ岩右側

    Lv.12:六甲山 プロペラ岩真ん中らへん

  • ユーザーID:71206
    性別:男性
    生まれ年:1978
    活動エリア:兵庫
    出身地:神奈川
    経験年数:10年未満
    レベル:公開しない
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2016/02/28(日) 02:08

 更新
兵庫, 大阪

はじめての探検 岩と藪まみれ 荒地山周辺

活動情報

活動時期

2016/02/27(土) 08:14

2016/02/27(土) 15:23

ブックマークに追加

アクセス

607人

文章

ルート
芦屋地獄~A懸岩~キャッスルウォール(敗退)~中俣へ藪漕ぎ~中俣~ブラックフェイス~名前の分からない岩~黒岩~前回おじさんに止められた道~金鳥山から岡本への地図にない道

※名前の分からない岩は、プロペラ岩だとwa-iさん、tanipinさんから教えてもらいました。

今日この日を1ヶ月前から楽しみにしていました。

単独での荒地山周辺探検。

いままでの行った90回ほどはすべて家族登山で、ソロは初めてです。

もともとは妻と二人で息子の塾の説明会にいく予定でしたが、子供達も予定があることだし、探検に行かせてもらえないかと妻に頼んだのでした。最初は、「は?」みたいな感じでしたが、必死に情熱を伝えると、渋々了承してくれました。

今日はまたとないチャンスなので、芦屋地獄から荒地山周辺で気になっていたところをできるだけ沢山消化することにしました。家族山行のための情報集めも目的でした。

芦屋地獄
誰かの活動日記でF1~F12までの滝の横を登るというのを見ました。前回家族で行ったときは知らずに巻いていたところもあったようなので、滝の数と難易度を確認しました。
結果、難易度は家族も大丈夫そうでしたが、滝は10個しか見つかりませんでした。小さい落差のものならあと4,5個あったので、そのうちいくつかを含めるのかな?ネットで調べると全部で8個と言っている人もいました。

A懸岩
どんなものかと行ってみました。下から見ると案外高く感じました。一応登れましたが、怖いところもありました。妻、娘はまず無理。息子はきわどいところですが、墜落の可能性もありそう。家族山行では使えないです。

キャッスルウォール
これは流石に道具がないと無理と思っていましたが、下から改めてみると、なんか行けそうな気が。しかし、最初のテラスまで登って、その先は危険を感じ撤退しました。
前回行かなかった、キャッスルウォールの左からてっぺんへ登るルートは難易度も高くなく、家族で行けそうでした。

中俣への藪漕ぎ
キャッスルウォールの上から中俣への近道がないかと思っていましたが、なさそうだったので東尾根から中俣まで藪を漕ぎました。谷へ向かって降りる感じで、ちょっとした崖もあり、それなりに危ない行程でした。特に参ったのはシダと藪の中のツル。シダに覆われた急斜面は足元が見えなくて危ないし、藪の中のツルには足を取られました。送電線を目印に歩いたお蔭でぴったり中俣の入り口に出ました。

中俣
たっくんの活動日記で気になっていました。たっくんの軌跡をダウンロードしてだいぶ助けられました。やはり、大変な岩がいくつかありました。特に落ち葉に覆われた岩場は危なかったです。ここまでで割と体力を消耗しており、砂と落ち葉にまみれながら、修行のような気分で登りました。

ブラックフェース
下から見ると、えぐい岩場に見えましたが、道を選べば難易度はそこまで高くない印象を受けました。落ちたらアウトだとは思います。しょっぱ目アルプスへ向けた練習にちょうどよさそうで、家族と来たいところですが、妻が嫌がりそうです。

名前の分からない岩(写真参照、ブラックフェースから黒岩へ向かう途中)
はっきり言ってここは今回一番つらかったです。岩がシダに覆われて登りにくいし、手や足を置く場所も中々ないし、岩も脆いし、落ちたらアウト。一度は、掴んだ木が枯れれてすっぽ抜けてしまい、あわや墜落するところでしたが、残りの3つの手足を踏ん張って助かりました。3点支持の大切さを身にしみて感じました。
しかし、驚いたのは今日会った60代くらいのおばちゃん2人組が、前にここを登ったと言っていたこと。先週は中俣を登ったと言っていたし、何という強者でしょうか。
あの名前のわからない岩を登ったというのは半信半疑ですが...。

黒岩
眺めがよかったです。黒岩を南側に下りて、一つ南にあるもう一つの岩に登るとさらに気持ちよかったです。

前回見知らぬおじさんに止められた道
荒地山から奥高座へ抜ける道の途中で右へ折れて沢を渡った後、川沿いに下に行く道です。奥高座の方に行く道かと思いきや、途中から尾根へ上がり、中央尾根と高座谷を結ぶ道に出ました。特に難しい道ではなかったです。

金鳥山から岡本への地図にない道
金鳥山から谷沿いに岡本へ下りる点線ルートを行こうとして間違え、地図にない尾根ルートを下ってしまいました。このルートは基本藪の道で、途中からどこが道がわからないくらい藪になり、気づいたら360度藪でした。試行錯誤して道を見つけ、少し下りてからは普通の道になりました。


以上、長くなりましたが、初めてのソロ山行は盛り沢山になりました。岩と藪ばかり相手にするのがこんなにも体力を消耗するものかと、身に沁みました。岩は力任せに登ったところもあるのでたぶん明日は筋肉痛です。ボルダリング教室に行って体の使い方を学んだほうがいいのかなと考えています。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間9分
  • 活動距離活動距離12.32km
  • 高低差高低差530m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,323m / 2,329m
  • スタート08:14
  • 6時間24分
  • 金鳥山14:38 - 14:38 (0分)
  • 45分
  • ゴール15:23

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン