YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大倉~蛭ヶ岳ピストン(断念、撤退。。)

うりりんさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:2015年夏に49歳で登山デビューしました!
    丹沢で、少しずつ体力作りと経験を積んでいます。
    2016年は50歳の大台に乗りますが、体力の衰えに抗いたいと思います。(^^)v

    【山行歴】
    <2015年>
     2015年08月08日 白砂山(群馬県)
     2015年12月05日 塔ノ岳
     2015年12月12日 塔ノ岳
     2015年12月30日 丹沢山

    <2016年>
     2016年01月10日 塔ノ岳
     2016年02月06日 塔ノ岳
     2016年02月27日 蛭ヶ岳 ※失敗
     2016年03月12日 塔ノ岳
     2016年03月26日 鍋割山、塔ノ岳

  • 活動エリア:神奈川
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2016/02/28(日) 18:05

 更新

大倉~蛭ヶ岳ピストン(断念、撤退。。)

公開

活動情報

活動時期

2016/02/27(土) 06:17

2016/02/27(土) 17:37

アクセス:418人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,330m / 累積標高下り 3,320m
活動時間11:20
活動距離22.37km
高低差1,295m
カロリー7210kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今回は、大倉から蛭ヶ岳のピストンに挑戦してきました。
結果はズタボロになっての撤退です。。(>_<)
昨日は、何もする気力がなく、YAMAPへのレポートもアップできませんでした。

今年、平ヶ岳(ひらがたけ)という山に登りたいと思っているのですが、
日帰りで12時間掛かるらしいとのこと。(まだ、詳しくは調べてません。)

12時間?!、そんなに歩けるのかな?
と思った私は、ホームグラウンド??の丹沢で12時間のルートを調べてみました。
そうしたら、大倉~蛭ヶ岳のピストンが標準790分でしたので、
どの程度歩けるのか、はたまた歩けないのかを確かめるため、
挑戦してみることにししまた。
(ていうか、この時点で13時間10分でした。。)

スタートは、いつもより早い6時で往路は6時間を設定しました。

自分に課した撤退条件は、
1.12:00になったらどこに居ても撤退
2.膝に違和感を感じたら撤退
の2点です。

往路で大倉尾根を登るのは12/30以来です。
大倉を6:17に出発して、塔ノ岳には9:26に着きました。所要時間は3時間10分でした。

続いて、丹沢山に10:47に到着。所要時間は、約1時間でした。

ここまでは、体力も、膝も問題ありませんでした。(と思っていました。)
ただ、12時までは1時間ちょっとしかないので、蛭ヶ岳は無理だろうと思いましたが、
丹沢山から先は未知の領域でしたので、タイムアップまでいってみようと思いました。
この判断が後で辛い山行に繋がるのですが。。

丹沢山を出発して、すぐに結構な距離を下ります。
下りながら、戻ってくるときのことを考えると不安がよぎりましたが、進むことにしました。

丹沢山から先は、ダイナミックな眺望が多く、またひとつ丹沢の新しい姿を発見することができました。

そして、12:00になりタイムアップです。
蛭ヶ岳まであと0.9キロとなり、正面の山の上に山荘も見えているのですが、
急降下&登り返しの道を見て、白旗ギブアップです。

後ろ髪を引かれる思いで、引き返しましたが、
すぐにいつもの右膝痛が発生。
よりによって帰りの全工程を膝痛で歩くことになるとは。。
大倉までの道のりを考えると気が遠くなりました。

さらに、往路で体力を使い切ってしまい、復路の登りも思うように進めません。
少し歩いては休み、少し歩いては休みの繰り返しです。

痛みに耐えながら、少しずつ歩いて、丹沢山に13:17、塔ノ岳に14:42に着きました。
ここから先は、さらに痛みが強くなり、ひたすら耐えながら歩を進めました。
結局大倉には17:37に到着し、11時間20分の山行は終了となりましたが、
自分の体力、スキルに見合った計画の重要性と何かあった時のマージンの重要性を再認識しました。

今回の山行は、私の数少ない経験の中で、最も辛い山行になりました。

ビギナーの方には、私の失敗を参考にして頂けましたら幸いです。

このルートは、私の大きな宿題となりました。
当分封印したいと思いますが、体力とスキルを鍛えて
いつか再挑戦したいと思います。


<<<< 備忘録 >>>>
往路:大倉(06:17)~塔ノ岳(09:26)~丹沢山(10:47)~蛭ヶ岳の0.9キロ手前(12:01) 約5時間45分
復路:蛭ヶ岳の0.9キロ手前(12:01)~丹沢山(13:17)~塔ノ岳(14:42)~大倉(17:37) 約5時間30分

登山道ですが、大倉~塔ノ岳は、上に行くに従いドロでグチャグチャなところが多かったです。
塔ノ岳~丹沢山も全体的にぬかるんでいました。
丹沢山~蛭ヶ岳は、北斜面は雪道、日の当たるところはぬかるみという感じでした。


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン