YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

六甲山簡単登山ルート

さむ@ダンボーすき~さん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:富士山に登ることを決めて2014年6月から登山を始めました。
    そして2014年8月28日、29日に富士山に登りました。

    富士山に登ってからも登山熱は冷めることなく続いているので、どうやらすっかり登山の魅力にはまったようです^^
    まだまだ素人ではありますがこれからもどんどん山に登っていこうと思いますので、私の登山記録も役に立てば幸いです。

    今はソロでやってますが、登山仲間も出来たらいいな〜と思ってます。

    登山以外は普段はカフェ巡りしてることが多いです。
    あとは漫画とか好きです(^∇^)

    どうぞ皆さんよろしくお願いします。

    ※2015年11月23日六甲全山縦走大会完走出来ました^^
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1983
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

六甲山・長峰山・摩耶山

2014/09/22(月) 10:43

 更新

六甲山簡単登山ルート

公開

活動情報

活動時期

2014/09/20(土) 06:40

2014/09/20(土) 12:22

アクセス:730人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,121m / 累積標高下り 2,818m
活動時間5:42
活動距離19.36km
高低差877m

写真

動画

道具リスト

文章

六甲山登山二回目。

今回は母が六甲山登りたいと言っているので、初めて登る母でも登りやすいルートはないかと下見を兼ねて登ってきました。
前回の芦屋川駅からのルートは母の体力的にきついので、六甲ケーブルを使うことを思いつき今回のルートにしました。
本当は今日は六甲ケーブルは使わずにアイスロードを通るルートで行くつもりでしたが、台風とゲリラ豪雨の影響で崩落などがあり表六甲ドライブウェイが通行止めになってる関係でアイスロードも通行止めになってました。
アイスロードの入り口に行くまで気づかない私、事前の準備不足です><
あと今回途中で紅葉谷道も通行止めになっていると張り紙がしてあったので、そちらを通る予定がある人は注意してくださいね。

最終的に今回使ったルート
阪急六甲駅~六甲ケーブル駅~六甲ケーブル山頂駅~六甲山ホテル~六甲オルゴールミュージアム~六甲高山植物園~みよし観音(ここから六甲全山縦走ルート)~六甲山最高峰~一軒茶屋~魚屋道~有馬温泉の金の湯

今回は登山を開始してから予定していたルートの変更をかなりした登山でした。
まず阪急六甲駅から4キロほど住宅街のアスファルトの坂道を六甲ケーブル駅まで歩きます。
そこから当初予定していた、アイスロードに向かいますが通行止めの為引き返し六甲ケーブル駅に戻ります。

別のルートで歩いて登ることも考えましたが、今回は母が登れるかを確かめる下見登山でもあるので六甲ケーブルを使って登ることに決めます。
そこで六甲ミーツ・アート芸術散歩2014というのをやってるのを知り興味を持ちますが、各会場になってる施設の開場時間が10時からで、まだ2時間以上あることから今回は登山に専念することにします。
でも今回アイスロードから登ったら前を通るはずだった歴史ある六甲山ホテルは見たかったので、アイスロードの山頂側の出口付近まで行って六甲山ホテルは見に行きました。
正直外からみただけじゃあんまりわからなかったので、機会があったら泊まってみたいですね。

そこから再度引き返し、そのまま六甲全山縦走路を歩くはずだったんですが気づいたら左に道をそれていて、六甲オルゴールミュージアムや高山植物園を通るルートに入ってしまってました^^;
たぶん標識を見落としたんだと思います。
まあ、登山とは別に今度芸術イベントも見に行こうとおもうので、その下見だと思うことにします(笑)

高山植物園の入り口にベンチがあったので、そこで地図を見ながら縦走路に入る道を確認してみよし観音のあるところから縦走路に入ります。

ここまではずっとアスファルトの道路の上を歩いていて正直登山している気分は全くありませんでした。
この縦走路に入ってからやっと土が出てきてちょっとほっとしますが、すぐにまたアスファルトの道になって六甲ガーデンテラスの横を通ります。
そこを抜けたら今度こそ山らしい登山道に入っていきます。

そこから六甲山最高峰までは、100mくらいの標高差の間で登ったり下りたりを繰り返して登山道を進みます。
ちょくちょく車の通る道路を横切るので、飛び出してしまわないように注意です。
そしてこのルートを抜けると六甲山最高峰のすぐ下に出てきます。

そこから最高峰のところで写真を撮って、一軒茶屋まで下りここで休憩。
今回は一軒茶屋に入り月見うどんを頂きました。
登山中に食べるとほんとにおいしく感じますね♪

そうして休憩もそこそこに魚屋道を通り有馬温泉を目指します。
前回もこの道は通ったので久しぶりだな~と思いながら下りていたら結構景色が変わってました^^;
台風の影響であちこち小さく道が崩れていたり、大きく崩落している個所もいくつもありました。

道幅が半分になってるところなどもあったので、注意が必要です。
と言っても注意して進めば問題ないです。

それ以外は団体50人くらいのツアー登山をしている人達とすれ違ったりしたくらいで特に問題なく有馬温泉街に到着しました。
銀の湯は改装中でやってないと聞いていましたが、一応見に行ってみるとやっぱりやってなかったので(来年の夏頃まで改装が続くそうです)今回も金の湯に行って温泉に入って今回の登山は終了。
前回より金の湯お客さんが多かったような気がします。

全体のルートの感想。
距離20キロ近くになってますが、そのうち2キロくらいはロープウェイでの距離なので実際歩いてたのは17キロくらいです。
また、ロープウェイで一気に標高700mまで登っているので、距離はそこそこ歩いてますが今回はアップダウンはほとんどないため平地で散歩してるのと変わらず登山というよりハイキングですね。
実際今回は体力にかなり余裕がありました。
このルートとにかくアスファルトの上を歩いてるのがほとんどなので、個人的にはあまり登山をしている気分にならなかったというのが正直なところです。
ただ、初めて登山する人、ちょっと興味持っている人には登山気分を体験してもらうには良いルートかなと思います。
山頂からの景色は十分に楽しめますし、全体で見たら少しですが山道もあります。

なので初心者や少し興味があるという人の入り口で、登山を好きになってもらうために紹介する最初のルートとしてはいいと思います。
私も母には最初はこのルートで六甲山最高峰に行ってもらおうと思っています。

今回危険個所ありとタグをつけましたが、崩落個所があり危険なのは確かにそうですが、それ以上に車が結構走る道路の横を歩道もないところを歩くポイントがいくつかあったので、そういう意味でも注意が必要なルートです。
山の道路は曲がりくねっていて死角も多いので、車から見えるところを歩くように意識しながら気を付けて歩いて下さいね。

今回の反省点。
通行止め区間の確認不足。
アイスロードが通行止めなのを完全に見落としてました。
今回はルート変更も問題なく出来ましたが、場合によっては登山そのものをあきらめないといけないことも考えられるので、ルートの情報の事前確認もっとちゃんとしなくちゃですね。
でも今回は結果的にそのおかげで、母でも問題なく登れそうだとわかったので結果オーライでした。

登山とは別にまた芸術イベントも見に行ってみようと思います。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン