YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

「今年は運がイイのかも」の比良山系

マサヤンさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:まいどです!!
  • 活動エリア:滋賀, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

比良山系・武奈ヶ岳・釈迦岳

2016/03/02(水) 22:24

 更新
滋賀, 京都

「今年は運がイイのかも」の比良山系

活動情報

活動時期

2016/03/02(水) 07:10

2016/03/02(水) 14:45

アクセス:388人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間35分
  • 活動距離活動距離9.76km
  • 高低差高低差833m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,833m / 1,846m
  • スタート07:10
  • 2時間27分
  • 金糞峠09:37 - 09:45 (8分)
  • 5時間0分
  • ゴール14:45

写真

動画

道具リスト

文章

今シーズンは暖冬でどこの山でも雪が少ない状態・・・現に私も期待していた伊吹を諦めました・・・ただ、比良山系に関しては私が行く数日前には必ず寒波襲来。登山予定日には程良く回復してくれて雪満載状態な日ばかり。お陰で比良山系でわかんを使わない日は今の所全く無し。今日も少し重めの雪ながら、わかんが無いと辛いくらいシッカリ積ってました。

青ガレ
正直、私が行った中で今シーズン1,2を争うくらいの雪。早朝に通ったので雪も良いコンディションでイイ感じでした。金糞峠少し手前の急登は、太ももくらいまで埋まる雪で少し辛かったけど、気温も低くなく良いコンディションでした。

金糞峠~八雲ヶ原(深谷)
峠から下りきった所(深谷の川)から先は、前回(2016,01,27)と同じく、踏み跡なし。ラッセルをする為にわかんを履いたけど、今回の雪はやや重め。微妙な差ではありますが、前回はフカフカ過ぎて、油断をすると踏み抜いてしまってかなり辛かったけど、今回は絶妙な感じで順調に歩を進められました。

八雲ヶ原~大山口(ダケ道)
当初は、八雲ヶ原から釈迦岳経由で下山する予定でしたが、「比良とぴあに行こう」と言う話が浮上。「これは早く下山をしなければ!!」と言う事で最短のダケ道にて下山する事になりました。

今回のダケ道は序盤は踏み跡なし。一瞬「またラッセル??」と思いましたが、他の所から先人者の足跡が。そこから先はその足跡をたどって進みます。ただ、この辺りから雪はかなりの湿度を含み、アイゼンに引っ付いて苦戦・・・まぁ、そのまま諦めて岩をけりながら雪を落として何とか下山しました。

恐らくこの先雪質も悪くなって行くであろうの3月ですが、最後にギリギリ真冬の雪山を経験できたことに非常にラッキーな一日でした。欲を言えば、もう少しだけ雪の比良山系に行ければ良いんですけどね・・・

AM  7:10 イン谷口
    7:39 大山口
    9:43 金糞峠
   11:10 八雲ヶ原(昼食)
   11:39 出発
PM 12:09 北比良峠
   13:19 カモシカ台
   14:19 大山口
   14:45 下山






コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン