YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

【氷壁の長城】西黒尾根からの谷川岳

えどべりさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:2014年4月からトレッキングを始めました。
    スリリングな岩場のある山を登ることが大好きです。
    難しいルートを色々踏破してみたいです。


    【今年の秋冬でやってみたいこと】
    岩場のある山のバリエーションルート攻略‼
    雪山で北アルプス初挑戦!
    フルマラソンデビュー。

    あと最近ボルダリング始めました。
    まだまだ初心者ですが、レベルアップ目指して奮闘中?です。
  • 活動エリア:東京
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1974
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2016/06/08(水) 01:26

 更新

【氷壁の長城】西黒尾根からの谷川岳

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 09:16

2016/03/05(土) 14:10

アクセス:611人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,688m / 累積標高下り 1,171m
活動時間4:54
活動距離7.58km
高低差1,238m
カロリー2441kcal

写真

動画

道具リスト

文章

先週のYAMAP関東オフ会で、フォロワーのゆっけさんにお会いし、谷川岳に行く話をしたところ、一緒に行ってみたいと話が盛り上がり、早速行って来ました。

水上駅からロープウェイ入口まではバスで行きましたが、超満員でぎゅうぎゅう詰めです。
ふと座席を見ると、これまた先週のオフ会でお会いしたMAMEZOOOさんがいました。
僕たちと同じく西黒尾根から登るとのこと。
けっこう人気の山なんですね!

ロープウェイ駅で着替えた後、西黒尾根の登山口から取り付きます。
こちらのルートは去年の6月に登りましたが、景色が全く異なります。
とても同じ山とは思えない位です。
朝日岳が良く見え、雄大な景色です。
ですが、日本三大急登と言われるだけあって、本当にしんどい。
全身汗だくです。

そうする内に、岩場地帯のラクダのコブの登りに入ります。
いよいよピッケルと12本爪アイゼンの本領発揮です。
前爪を充分効かせて登りますが、かなり気温が上昇したため、雪が柔らかく、慎重に行きます。
登った後、ナイフリッジを行き、ラクダのコルの下りに入りますが、余りに急な岩場のため、どう下りようか考え込んでしまいましたが、ゆっけさんから的確なアドバイスが。
その通り下りたら、ムリなく下りられました。
こういうところが、コラボ登山のいい所ですね‼

その後は、肩の広場を目指して、ひたすら急登を登ります。
傾斜が50度位あり、目の前が白い巨大な壁しか見えません。
ここが一番キツい場所でした。汗
ゆっけさんも辛そうです。

ようやく肩の広場で天神尾根ルートと合流すると、物凄い人です。
西黒から登る人は1割位ですかね。
でも、西黒から登る人は装備が違うので、一目で見分けがつくのが、面白いところです。

そして、トマの耳、オキの耳と2つのピークを登ります。
雪庇が豪快にせり出しており、迫力があります。
頂上からは、馬蹄型や主脈縦走路が良く見えます。
本当に来て良かったと思いました。

肩の小屋で昼食の後は、天神尾根を下ります。
程よい傾斜で楽に降りられます。
踵から一歩踏み出すと、ずるずる下に落ちていきます。
富士山の大砂走りのようで、楽しいです。
そうするうちにどんどんスピードが上がっていき、あっという間に天神平に着きました。

帰りのロープウェイの車中では、百名山を制覇したというご夫婦と同乗しました。
なんと、真冬の赤岳に毎年登られているとのこと。
西黒尾根を登れる位なら、冬山の赤岳も問題なく行けるはずですよ!とのお墨付きを頂き、ゆっけさんと今度は赤岳に行こうと話が盛り上がりました。

帰りは途中下車して、ゆっけさんオススメのラーメン屋に行きました。
かなり空腹だったんで、急いで食べてしまったんで、画像はありません。(笑)

今日は快晴で風も無く、西黒尾根の急登をじっくり堪能できました。
これくらいの難易度でないと、雪山でも満足出来なくなってきたかも知れません。(笑)
雪山の岩場も楽しいですね‼

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン