YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

おひとりさまの京都一周トレイル(VOL.2)

きむきむさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:会社の仲間と月に1回関西エリアの低山を中心にゆる~い山行や、近所をソロ山行しています。
    平成21年に近くの交野山(341m)から登り始め、最初は悪戦苦闘していましたが、今では年に1回は北アルプスでテン泊する様になりました。
    アスレチックなコースより、ボーッと自然の中を歩く方が好きかな~ (⌒‐⌒) 体力はないけど、ロングトレイルやミニアルプスも好き。
    初めて行かれる方にもわかりやすい様に色々日記に書いていたら、いつのまにやら大作になること多し。読みづらくてすいません (ToT)
    こんな日記ですが、少しでも皆様の参考になればとってもうれしいです。
    (o^―^o)ニコ
  • 活動エリア:大阪
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

京都一周トレイル

2016/03/06(日) 19:17

 更新

おひとりさまの京都一周トレイル(VOL.2)

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 09:25

2016/03/05(土) 16:18

アクセス:655人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 5,125m / 累積標高下り 5,079m
活動時間6:53
活動距離25.71km
高低差783m
カロリー3323kcal

写真

動画

道具リスト

文章

 今回は、京都一周トレイルの続きとして、水飲対陣跡碑(東山コース・指標69)から、比叡山付近、大原、鞍馬を通って、北山東部コースの叡山電鉄二ノ瀬駅(北山コース・指標47)まで歩きました。
 京都一周トレイルは東山コースから先にある北山や西山の各コースはアクセスが難しく、色々と分割案を考えてみましたが、多くのハイカーさんがされているとおり、今回はここを目標にすることにしました。
 しかし、しょっぱなから出鼻をくじく出来事が・・・目覚ましし忘れで大幅な寝坊・・・予定より1時間以上遅れて自宅を出発。今日は門限18時なのに・・・ (-_-;)

 山行スタートは叡山電鉄の修学院駅からです。ここから比叡山方向へ雲母(きらら)坂を登ります。親鸞聖人も歩いた由緒ある道を邪念だらけ(下山したら何飲もうかな?)で登ります(この罰当たり)。
 雲母坂から20分程で水飲対陣跡碑(東山コース・指標69)に到着、トレイル開始です。比叡山方向までは5年振りに歩きます。結構な登り坂だったのを思い出しました。
 東山コース・指標71を過ぎ、坂道を歩いていると、周りでカサカサ音が・・・野生のサルでした。意外と近くにいました。眼おおたがな、怖い怖い・・・ (*_*)
 それにしても今日は暑い。水分をこまめに摂ります。が、ここで重大なミスが・・・ (≧ヘ≦)
 水忘れてる・・・  !!(゜ロ゜ノ)ノ
 寝坊で慌てて出たからやわ・・・手持ちは500mlだけ。水を予備で1本持ってきたつもりでしたが入っていない・・・足らずは大原辺りで購入するつもりでしたが・・・今日の暑さだと、これは非常にヤバい・・・どこかで入手しなければ・・・
 ケーブル比叡駅の自販機は冬季販売休止になっている・・・これは一旦比叡山の山頂バス乗り場まで行かないと・・・という訳で、ここからトレイルを一旦離れ、比叡山の山頂バス乗り場に向かいました。しまった、えらいロス。おもけにえらい坂やんか・・・ (-_-;)
 比叡山の山頂バス乗り場に到着しました。いくつか自販機はありますが殆ど販売休止。唯一販売中の自販機で何とか補給できました・・・ (´▽`) ホッ
 ここまで来たら大比叡の三角点だけ抑えに行こうと思い、サクッと三角点get!848mの頂ですが、展望はないのでイソイソと下山するも、ポカポカ陽気につられて、山頂の駐車場でおにぎり休憩をしてしまいました。これは予定外! ) ̄ε ̄( ブー
 水分補給+大比叡登頂の予定外の行動で、手痛いタイムロスをしてしまいました。明るいうちに下山できるかな?ピストンで北山コース指標2まで戻り、トレイル再開です。
 その後は奥比叡ドライブウェイを並走する等の快適な峰道を通りますが、横高山(767m)手前(指標12)はゲキ登りでした。その後もゲキ下りから水井山(794m・三角点有)へのゲキ登り返しで大幅な脚力消耗となりました。北山コース手強し・・・ ( ;∀;)
 ここから仰木峠までは一部キツい下りもありますが、概ね順調に歩けました。その後もキツい下りがありましたが、無事「指標20」まで来ると、「山蛭注意」の標識が。ここは春以降の通過は注意しないといけませんね(同じく「指標22」にも山ビルの注意喚起が掲示されていました)。
 ここから先は大原の里に下りてきて、暫くはアスファルト道を進みます。
 国道367号線を渡りますが、ここにはドレッシング、ポン酢で有名な「志野」さんがあります。しかし今回は時間とザックの容量の関係で泣く泣く断念。次は寄りたいな(自販機はあります)。
 ここから江文峠を目指します。そういえばずっと並行している東海自然歩道ですが、ここの標識は距離が出ているので、歩く時の目安になってありがたいですね。
 ここから薬王坂(やっこうざか)の登りまではほぼフラットですが、指標「39-2」からは薬王坂に向けてのキツい最後の登りです。これは堪えました。足の動きが止まります ( ;∀;)
 薬王坂から鞍馬に向かっての下り坂も落ち葉で滑りやすく注意が必要です(実際私も、落ち葉に隠れていた木の枝で転がり、軽く手を着きました)。下り切ると本日の山道は終了です。ここからは鞍馬寺の前を通って、叡山電鉄鞍馬駅で天狗の撮影をし、参道の「多聞堂」さんで「牛若餅」や「蓬だんご」をお土産getした後は、鞍馬街道から貴船神社の前を通って叡山電鉄二ノ瀬駅(無人駅です)に無事到着(指標は「43」の次はいきなり「46」へ。何で?)し、今回の山行を終えました ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 今回の北山東部コースは思いの他アップダウンが多く、暑い時期は水分補給場所(東山コースと違ってエスケープしづらく、自販機はあまりありません)と山ビルエリアには注意が必要だと思います。
 しかし、延暦寺、大原の里、鞍馬寺、貴船神社という有名エリア(の近くをかすめただけですが)を通って、観光気分も味わえました。
 さて続きの(VOL.3)は叡山電鉄二ノ瀬駅から阪急嵐山線の上桂駅までです。30㎞超のコースですが、無理をせずにロングトレイルを楽しみたいと思います。

 今回の教訓は「寝坊には気をつけよう」 (-.-)Zzz・・・・
 慌てるとテンパる性分なので、これは一番あかんこと。何事にも余裕をもって。山では大切なことですね。今回はヒヤッとしました。唯一販売中だった「神」自販機に感謝 <(_ _)>
 
 それでは、またどこかの山で・・・(@^^)/~~~

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン