YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雲取山 ヨモギ尾根

たけたさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:ドエム登山!
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1979
  • 出身地:
  • 経験年数:未経験
  • レベル:未経験
  • その他 その他

雲取山・鷹ノ巣山(鷹巣山)・六ツ石山

2016/03/06(日) 20:31

 更新

雲取山 ヨモギ尾根

公開

活動情報

活動時期

2016/03/05(土) 10:20

2016/03/06(日) 12:05

アクセス:154人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,706m / 累積標高下り 2,714m
活動時間25:45
活動距離26.46km
高低差1,493m

写真

動画

道具リスト

文章

土日天気まずまずってことで久々テント背負って雲取へ。
メンバーからの推奨でルートはマイナーなヨモギ尾根。

土曜はのんびりと9:30のバス。
鴨沢西から歩いて15分くらいお祭りへ。
さらに林道をひたすら進む、1時間くらい。
天気がよくてのんびり歩く。
塩沢橋からいよいよ登山口へ。
細いけど歩きやすい。
南斜面側なのでぜんぜん雪ない。楽チン。
ひたすら進む。静かでいいねー。
つづら折ルートで、何度もまた同じ道?って思う。
登山道は細いだけで歩きやすい。
要所要所に案内があるのでわかりやすいと思う。
作業道との別れがあるので、注意していれば問題なし。

奥後山へ。マニアック。
360°見渡せば木w。
看板なかったらたぶん素通りしちゃいそう。
地味。

そこから尾根あるきかなと思ったら、また脇をジグザグと進む。
ちょこちょこ雪あったけど、普通に通過。
相変わらず静か。登山者合わない。
15時すぎてようやく奥多摩小屋の水場。
上がって奥多摩小屋はテント少ない。やったー。
受付してテンバ探し。
平たいところがまだ空いてると思いきや、まさかのやや沼。
雪どけして地面やわらかい。
だからみんなちょっとした芝生のところで張ってるのか。
まー仕方ないので、やや沼のところに幕営。
出入り口も泥。泥だらけ。
仕方ない。
なんだか微妙に沈む感じで、こんなん初めて。
しばらくしたらガスって真っ白に。
飯食ってだらだらして寝る。弱雨ふってきてぽつぽつと。
8時すぎまで起きて寝る。それほど寒くはない。

夜中の雨から明け方は今度は風。風が強そうだ。
朝起きてみると視界良好、朝日が綺麗。
という事で、テントに荷物置いて身軽で雲取へ。
雪はちょこちょこあるけどアイゼンなしでいける。
30分すぎで避難小屋が見えてようやく山頂。
風は強いものの、雲で隠れたりいまいち展望なし。
まー、また次回かな。
避難小屋に立ち寄ってみた。
意外と広いねー綺麗だ。
ドロテン場wよりもこっちの方が快適だったかも。
一旦奥多摩小屋に帰って荷物撤収。
やっぱりグランドシートはドロだらけ、テントもフライにはドロついてたり。
あー、やっぱり、しゃあないな。

七つ石山へ。坂が意外とあって登りがいがある。いいね。
七つ石から雲取へのルートが見れてよかった。
七つ石小屋へ下りて、すっかり晴れていたのでコーヒー飲んでちとのんびり。
テンバは小さいけど、沼じゃないしこっちの方が快適だろうなー。

12時20分のバス目指して下る。
だらだらと下る。
天気がよいのでのんびり。
ようやく下山。長かったな。なるほどこれが雲取か。

ヨモギ尾根は登山者少ない。
細いけど道はしっかりしている。
静かに登りたいならあり。
お祭まで行くバスに乗れば楽、けど登山口まで歩くし、だいたい同じ感じの道なのでちと飽きてくる。
雲取山までは雪も少なく、歩きやすい。
山荘まではアイゼンが必要らしい。
次回は雲取山荘も行ってみたい。
鴨沢からだと長いなー。
三峰からのルートで次回はトライしてみようと思う。









コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン