YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

北横岳&縞枯山

猫さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:千葉, 神奈川, 茨城
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:
  • 経験年数:6ヶ月未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

八ヶ岳

2016/03/14(月) 17:49

 更新

北横岳&縞枯山

公開

活動情報

活動時期

2016/03/12(土) 09:06

2016/03/12(土) 15:39

アクセス:802人

メンバー

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 737m / 累積標高下り 736m
活動時間6:33
活動距離7.02km
高低差255m
カロリー2003kcal

写真

動画

道具リスト

文章

最近のヘタレ具合から“ロープウェイを使わずに”を頑なに拒否り
ロープウェイを使って楽ちんお山♪
前回の北横岳にプラスし縞枯山へ行ってきました。
途中までは天気が良く、風も弱くて暑いくらい(^_^;)
しかし、前日に降ったサラサラ&フカフカの雪でとっても歩きづらい(-_-;)

ヒュッテに到着し少し休憩♪
いよいよ急登の始まり~(汗)
この日の雪質が原因だとは思うのですが
山頂までの急登はスノーシューの通った直後だと
きれいに足がかりが消えてしまい非常にキツイ…(~_~;)
こんな雪質の場合の正しい歩き方っていうのもあるんだろうな~

ふくらはぎが悲鳴をあげ、ヨレヨレになった頃にやっと北横岳南峰に到着~♪
前回のように体が吹っ飛ばされる程の風はありませんでしたが下よりも若干風が強め。
気温はマイナス10℃程。
普通のグローブでも問題ありませんでした。
雲が次々と飛んでくる中、晴れ間を狙って写真撮りまくり♪
続いて北峰へ。
残念ながらお隣の蓼科山はすっぽり雲の中で見ることは出来ませんでした。

縞枯山を目指すために坪庭まで戻り、坪庭を左手に回り縞枯山方面へ。
ほぼ平らなのに、やっぱり歩きづらい。。。

坪庭から左手へ出て縞枯山荘に到着~✧.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。
飲み物を注文すれば持ち込みOKということで
ストーブ前を陣取りぬくぬくランチタイム♪
山荘ではテレマークスキーの講習会をやっているらしく
みなさん練習しにお外へ。
(WC:山荘利用者100円 WCのみは300円)

しっかり休憩し縞枯山へ出発~
縞枯山ってどんな登りなんだろう(・・?(予習を全くしていませんでした)
予定ではぐるっと廻ろうかと思っていたのですが
擦れ違った方に聞いてみると皆さんピストンとのこと。
同じくピストンにすることに。

分岐から右手に入りいよいよ登り始めます。
ゆるゆると登り始め、気が付くと結構な急斜面に…
見上げると永遠?とも思える急登が… Σ(゚Å゚)
ズルッと滑るを何度も繰り返し
立ち止まっていても痛いと自己主張するふくらはぎ…_| ̄|○
「コレ、修行だよね…」
「いつまで続くの…」
と泣き言を言い続けながら
やっとの急登終了~ー__(_´-ω-`)_

「え? ここが山頂?」とキョロキョロする私に
「そう、ここが山頂だよ~」とランチ中の方に分岐の標識を指差され
ちょっとガッカリ。。。
「展望台に行けば立派な「展望台」ってあるよ~」と教えていただき
そちらへ移動することに。
微妙な下りを進みやっと「←展望台」の標識を発見!
少しだけ上がると展望台に到着です。
ちょっとした岩場の展望台。
しかし、辺りは真っ白で何も見えず、小雪まで降り出してきました(~_~;)
晴れていれば物凄い景色が見れたんだろうな~

再度縞枯山へ戻り、急斜面を下り坪庭へ戻ります。
靴ひもが緩んだまま歩いていたためか、左のアキレス腱が痛い…
駐車場まで歩いて下りる予定でいましたが
頭の中は「ロープウェイに乗りたいな~」でいっぱい(笑)
それが通じたのか「ロープウェイで下りてもいいよ~」とお声が掛かり
下山までしっかりと楽チンさせていただきました(^_^;)

ひと言で雪山といっても
雪の質で全く異なる辛さがあると知りました。
そしてスノーシューであれほどの急登が登れちゃうということにもビックリ!
(私にはあの大股で長時間歩く自信は全くありませんが…(~_~;))

相方さんに
「誇ることは出来ないけど、自信を無くすほどじゃない。」
と言われちょっとだけホッとしたお山でした(^_^;)

※駐車場までノーマルタイヤで問題なしでした

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン